スキー・スノボーの手入れの仕方って?

目の細かいやすりで軽く優しく磨いてあげるだけで・・・

せっかくスキー・スノボの板を買ったのだから、ちゃんとお手入れして長持ちさせたいですよね。ここでは、初心者のあなたでもできるようなお手入れの方法をご説明したいと思います。

 

まずは、スキー板から。スキー板は、元々買った時にベースワックスが塗られていることが大半ですが、スキー用のワックスを塗ってあげるだけでかなり滑りが良くなります。あとは、トップとテールのエッジを紙やすりでほんの少し軽くこすって落としてあげるだけで、本当に滑りやすくなるでしょう。

 

スノーボードに関しては、ブーツを使用した後には、必ず陰干しすることをおすすめします。放置してしまうと、カビや臭いが発生してしまうことが多いです。スノーボードの板は、玄関などに立てかけて保管しましょう。

 

スノボの板もワックスを塗って手入れすると、滑りやすくなります。今はスプレーワックスというものが売られているので、簡単にワックスをかけることができるはずです。ちゃんと換気できる場所で、スプレーワックスをボードに吹きかけて、乾いたらコルクでこすりこむ。

 

これだけで、ワックス完了です。次に滑りに行く時には、古いワックスを落としてから新たにワックスをかけてあげると滑りが良くなります。滑った後は毎回温かい所に置き、布などで水滴をきちんと拭いて乾燥させることが重要です。

 

もし、錆がついてしまっているようならば、目の細かいやすりで軽く優しく磨いてあげるだけで簡単に落とすことができるでしょう。