【スノボー初心者】基本姿勢とスケーティングのコツ

転んだ数だけ上達すると信じて!

スノボー初心者ならば、必ずマスターしなければならないのがスケーティングです。リフトの乗り降りの際やコース間のちょっとした移動にも必要ですので、基本姿勢をマスターしたら、次はスケーティングのコツを掴みましょう。

 

まずは一度、広い場所でバランス良く真っ直ぐに立ってみて下さい。次に、後ろ足で地面を蹴ってボードを前に滑らせます。蹴ったら上半身は前足の上に、ちょうど前足1本でボードに乗って滑るような感覚です。

 

そして、何度か後ろ足で蹴り、スピードにのってみましょう。どうですか?進みたい方向へ進めたでしょうか?ポイントとしては、上半身をしっかりと進行方向に向けて重心は前足におき、蹴る際には板から離れたところを蹴るのではなく、できるだけ板に近い所を蹴るようにする事です。

 

板から離れたところを蹴ると力の方向が安定しないので、なかなか行きたい方向に進めなくなってしまいます。また、初心者は位置を確認する為に、どうしても足元を見たくなるものです。

 

けれど、足元を見るとバランスを崩しやすくなるので、目線は常に進行方向をキープするよう意識しましょう。上半身は進行方向に向け、重心は前足に、板から近い所を蹴って目線は進行方向に。

 

これがスケーティングのポイントです。スケーティングに苦手意識がある人も多いようですが、転んだ数だけ上達すると信じて、初心者のうちにマスターしておきましょう。