【スノボー初心者】リフトの乗り降りの仕方

もし転んだとしてもちゃんとリフトを止めてくれます

スノボー初心者が一番不安に感じるのは、やっぱりリフトの乗り降りの瞬間ですよね。「上手く乗れなかったらどうしよう」、「派手にコケてしまったらどうしよう」と不安になってしまって、心臓がドキドキすると思います。

 

もし、スケーティングがまだ上手く出来ない時は、ボードを担いでリフトに乗っても大丈夫なスキー場もありますので、予めチェックしておくといいでしょう。ただ、ボードを担いでのリフトの乗り降りは周りの人にも危険ですし、どうしてもかっこ悪いですよね。

 

ここはまず、スケーティングをきちんとマスターしておきたいところです。リフトに乗る際には、リフトに手をかけて少し勢いを抑えると割りとスンナリ座る事が出来ます。

 

座った時にボードが横向きになってしまうと、エッジが地面にひっかかって危ない場合があるので、リフトに乗ったらボードを少し浮かせると良いでしょう。リフトから降りる時は、乗る時と違って坂がある場合もありますから、ちょっと難しくなります。

 

ボードを真っ直ぐな状態にして、バランスよく立ち上がれるように体勢を整えながら降り場まで向かい、降りる位置に来たらゆっくりと立ち上がります。この時、戻るリフトに引っかからない様、注意して下さいね。

 

無事に降りる事が出来たら、コースの端でビンディングを装着します。リフトの乗り降りには係りの人も居ますし、もし転んだとしてもちゃんとリフトを止めてくれます。不安がらずに何度もチャレンジして、早くリフトの上でも楽しめるよう頑張りましょう。