【スキー初心者】リフトの乗り方

一度やってしまえば大体コツは掴めます

スキー初心者にとって、リフトの昇降は緊張する瞬間です。初心者にはとても難しい動作が連続して必要になるからですね。まず、一般的に、リフト乗り場で並ばずにすむことはほとんどありません。

 

休日などで混んでいる場合には、リフト乗り場は長蛇の列ということも少なくないでしょう。初心者にとっては、この並びながら徐々に進むというのも難しいことの一つです。列に並ぶといっても、自分も他の人も長い板のスキーを履いています。

 

他の人のスキーを踏んでしまったり、自分で自分のスキーを踏んでしまったり、進もうと思っても滑ってなかなか前に進めなかったり、後ろに滑ってしまって後ろに並んでいる人にぶつかってしまったりするのです。

 

いよいよリフト乗り場が近づいてくると、今度はタイミングよく乗れるかどうかが不安になります。リフトは一定のリズムを持って回ってきますから、前の人が乗ったらすぐに所定の位置まで行き、リフトが来るのを待ちます。

 

そして、リフトが自分のお尻のあたりに当たったタイミングで上手く腰をおろして乗らなければなりません。ですが、これまで密集して並んでいたのと違い、リフト乗り場だけは列の先頭から乗り場まで少し距離があります。

 

この少し長い距離を次のリフトが来るまでに歩ききってリフトの到達地点にリフトより先につかなければなりません。最初は緊張しますが、一度やってしまえば大体コツは掴めます。もし、間に合わなくても、少し恥ずかしいですがリフトを止めて乗せてくれるので大丈夫です。