【スキー初心者】ブルーク(ボーゲン)の滑り方は?

ブルーク(ボーゲン)のマスターは初心者にとって必要不可欠です

スキー初心者が、一番最初に教えられる滑り方がブルーク(ボーゲン)です。これはスキーの滑り方の基本となります。また、初心者でも一番覚えやすくマスターしやすいので、一番最初に教えられることが多いのです。

 

ブルーク(ボーゲン)なら、スキー板をハの字型にして滑ることで、スピードを抑えることができます。スピードがそれほど出なければ、初心者でも恐怖心を抑えることができますから、なだらかな場所なら最初から転ばずに長距離を滑り切ることができるかもしれません。

 

それに、ハの字を閉じたり開いたりすることで、スピードを早めたり緩めたりでき、止まり方も自然と身につけることができます。

 

それだけではなく、左右の足の開き具合を微妙に変えることで方向転換もできるようになりますから、これがマスターできればもう少し急斜面のコースでも滑ることができるようになります。

 

なだらかな場所では、俗に言う直滑降で直線的に滑り降りることが可能ですが、斜面が急になるほど右へ左へと蛇行しながら滑り降りてくる手法が必要になります。

 

このためには、滑りながら方向転換できなければなりませんから、その練習のためにもブルーク(ボーゲン)のマスターは初心者にとって必要不可欠です。ブルーク(ボーゲン)をマスターするには、まずはなだらかな場所で、何度も滑り降りながらスピード調節の練習と止まる練習を行います。

 

次に、左右に曲がりながらジグザグに滑る練習を行ってください。これができるようになったら、いよいよリフトに乗って、もう少し斜面の急なコースに挑戦してみるといいでしょう。