【スキー初心者】パラレルターンのコツ

一番重要なのは恐怖心を克服することです

スキーでパラレルターンが出来るようになれば、いよいよ初心者からは脱出と言ってよいでしょう。見た目は簡単に見えますが、実はパラレルターンをマスターするのは難しく、多くの方がぶち当たる壁といっても過言ではありません。

 

もちろん、ほぼパラレルターンと言えるような滑り方は、回数を重ねるだけで案外簡単に身につくものなのですが、どうしても完全に足を揃えた綺麗なフォームでターンするというのが出来ないという人が多いのです。

 

これは、ブルーク(ボーゲン)が比較的作りやすい形なのに対して、パラレルターンは物理的に体に負担のかかる体勢だからです。ブルーク(ボーゲン)は自然と身につき、あとは身体が覚えるだけなのに対し、パラレルターンは出来るか出来ないかに分かれます。

 

何度やってもターンの瞬間にスキー板がハの字型になってしまう。何度やってもどうしてもスキー板を平行に保ち続けられない。そんな人も多いでしょう。パラレルターンのコツは、カーブする内側に体重をかけるということです。

 

これによって、自然と二本のスキー板の同方向に体重がかかり、両足が揃った状態を保つことが出来ます。ボーゲンでは膝を内股にすることで二本のスキー板の内側に体重が掛かり、スピードが落ちてターンするのですが、パラレルの場合は体全体でカープする内側に体重をかけてターンするのです。

 

つまり、全身で体重移動することを覚える以外にありませんが、それには恐怖心が付きまといます。一番重要なのは、その恐怖心を克服することです。