地域ごとに違う御節

生活文化の違いや伝承経路も関係していますが・・・

御節料理は、元々は平安時代の宮中行事を庶民が真似たところから始まったのですが、やがて日本全国に広がっていきました。ですから、御節料理の習慣は、庶民の間の行事としてはそれほど古いものではありません。

 

ですが、各地域に広がる間に、地域ごとにそれぞれの文化が取り入れられたり、風習が取り入れられたりして、地域ごとに内容が異なる御節ができたようです。特に、お正月は真冬の行事ですから、古い時代には雪の影響もあって流通がストップしがちでした。

 

その中で、その地域で入手できる材料を使ってそれぞれ工夫して御節を作ってきたわけですから、地域によって御節の内容に大きな違いがあるのも当然ですね。材料が違えば、詰め方にも変化が出てきます。

 

御節は大きく分けると、関東風と関西風になります。御節料理といえば、真っ先に思い浮かぶのが重箱に詰められた料理だと思いますが、実は御節料理の基本は、祝い肴三種とお屠蘇、お雑煮、お煮しめです。

 

その中で祝い肴とお煮しめが重箱に詰められています。お雑煮をお正月に食べる習慣は一般的だと思いますが、お雑煮を御節料理の一種として考えている人は案外少ないようですね。

 

また、お雑煮のお餅の形に日本の東西で四角餅と丸餅の違いがあることは有名でしょう。その他にも、お雑煮の具材や味付けも地域によって全く違います。これらの違いは主に、生活文化の違いや伝承経路も関係していますが、入手しやすい食物によって独自の進化を遂げたと言えるでしょう。