おせち料理は自分で作る?通販にする?

買う方が手軽ですし割安になることも多いでしょう

おせち料理作りといえば、一昔前までの主婦にとっては大掃除と並ぶ年末一大行事の一つでした。おせち料理には、一つ一つの品目に、それぞれ縁起担ぎの意味が込められており、それらの全てを各家庭で作っていたものです。

 

しかし、昨今では、おせち料理のセットばかりでなく単品も数多く用意されており、それらを購入してきて重箱に詰めるだけという家庭も少なくありません。お煮しめなどの失敗しづらいものだけ作って、黒豆や伊達巻などの自分では上手く作れないものだけ購入するという人も多いようです。

 

また、自分や家族が食べたいものだけ買うという家庭も増えています。最近では、共働きの家庭も多く、年末ギリギリまで仕事をしている女性も多いですから、年末は大掃除を行うだけでも精一杯という家庭が多いでしょう。

 

もちろん、自分で全てを作るという主婦がいないわけではありませんが、現代ではかなりの少数派だと思います。

 

おせち料理に必要な一つ一つの品目の材料を用意して、手間暇かけて作るよりも、有名ホテルや料亭、百貨店、大型スーパーなどで販売しているおせちセットを買う方が手軽ですし、割安になることも多いでしょう。

 

ただ、おせちセットを買うとどうしても5千円から数万円はします。料理雑誌などを参考にして、家族の好きなおせちの品目だけ自分で作る方が安上がりかもしれません。自分で作れば、量も好きなように調節できます。

 

年末近くに発売される料理雑誌には、食べやすい味にした今風の簡単なおせちの作り方や余ったおせちのアレンジレシピなども掲載されています。おせちを自分で作るのであれば、参考にしてみるのもいいでしょう。