おせち料理の歴史や由来

本来は四段が正式なお節料理です

おせち料理は、もともと平安時代の宮中行事が始まりとされています。

 

中国では、旧正月を現在でも祝っていますが、その旧正月のことを「春節」といい、平安時代のお正月元旦行事である「お節供」の宴料理が、江戸時代になって庶民の間で広がり、やがて全国的に広がっていったと言われているのです。

 

それで、お節料理(おせちりょうり)と呼ばれているわけです。庶民の間では、年の初めの豊作祈願やお祝い事が主流に広まったため、お正月には神社に初詣して神様にお祈りをし、露天で販売されている破魔矢やダルマ、クマデなどの様々なご祈願用品を購入するのが一般的となりました。

 

また、一年中休みのない主婦をお正月くらいは食事の支度から開放させてあげようという心遣いから、日持ちする料理を作り溜めして、数日間はそれで食事を済ませるという意味合いもあったようです。

 

昔は火を起こすだけでも大変な時間と労力が掛かったので、炊事から開放されるというのは大きな骨休めとなったことでしょう。お節料理は神様にお供えして祝うことを目的として始まった宴料理ですから、豪華なだけでなく様々な意味が込められています。

 

そのほとんどはめでたさを重ねるという意味の重箱に、言葉の語呂合わせから縁起を担いだ食材で作られた料理を盛り付けて作られます。最近では、核家族の家庭も増えていますから、重箱もせいぜい二、三段が主流ですが、本来は四段が正式なお節料理です。