おせち料理の食材の種類と意味

重箱にも「めでたいことを重ねられますように」という思いが込められています

基本的におせち料理は、四段からなる重箱に詰められますが、重箱にも「めでたいことを重ねられますように」という思いが込められています。では、おせち料理には、どんな意味があるのでしょうか?簡単にまとめてみたいと思います。

 

まず、一の重には、豆類などの祝い肴が詰められます。
黒豆・・・まめに働き、まめに生活できますように
昆布巻・・・「喜こんぶ」出来事に恵まれ、縁結びのご利益がありますように
田作り・・・豊作祈願
数の子・・・子宝祈願と子孫繁栄
たたき牛蒡・・・豊作祈願と開運祈願
くるみ・・・家庭円満

 

次に、二の重には、口取りとなる甘いものが詰められます。
栗きんとん・・・栗きんとんの色から、お金が貯まりますように
紅白かまぼこ・・・紅白でめでたさを表現し、日の出の形から成功祈願の意味もあります
伊達巻・・・反物の形から、衣装に困らない生活の祈願
錦卵・・・金銀の色に見立て、財産に恵まれますように
お多福豆・・・たくさんの福を招きますように

 

続いて、参の重には、魚やエビなど海の幸を詰めます。
エビ・・・エビの姿から、腰が曲がるまで元気に過ごせるよう長寿祈願
ワカサギ・・・子宝祈願
ブリ・・・成長するごとに名前が変わることから、出世を祈願
・・・「めでたい」という言葉から、お祝いごとの象徴

 

最後に、与の重には、野菜の煮物などの山の幸が詰められます。
里芋・・・子宝祈願と子孫繁栄
くわい・・・子孫繁栄と仕事や学業の成功
紅白なます・・・紅白でめでたさを表現し、平和を祈願します
レンコン・・・将来の見通しが良くなりますように