にんにく卵黄229−55

にんにく卵黄229−55の特徴や口コミ

2010年のモンドセレクションを受賞したにんにく卵黄であるにんにく卵黄229−55。元々、にんにく卵黄は南九州に伝わる伝統的な健康食品なのですが、地元である鹿児島にある「てまひま堂」がにんにく卵黄を全国の方に知って欲しくてこのサプリメントを製品化しました。

 

てまひま堂が掲げている「あくなき本物の追求」という企業理念の下、製品化するまでになんと54回もの試作を行い、遂に製品化を実現させたのです。主な原料であるにんにくは、土壌から収穫後までしっかりと管理されている青森県にある契約農家で作られている国産のにんにくを使用しています。

 

ビタミンB群やアリシンなどを豊富に含んでおり、栄養分がたっぷりで、安全性の面でも高い評価を得ています。卵黄に使われている卵は、宮崎県のたまご牧場の有精卵を使用していて、生で食べても大丈夫なほど安全性も新鮮度も高い物です。

 

また、にんにく卵黄と聞くと、誰もが臭いを気にされると思うのですが、このにんにく卵黄はカプセルにまでこだわっています。とうもろこしたんぱくでソフトカプセルをコーティングしているので、これまでの胃で溶けてしまうカプセルではなく、腸で溶ける腸溶性カプセルなのです。

 

このため、臭いを気にすることなく、サプリメントを飲んで頂くことが出来るようになっています。今まで、他のにんにく卵黄製品を使用して臭いが気になっていた方も、にんにく卵黄229−55を使用してからは一切臭いを気にすることがなくなったと言っているほどなのです。