ルイヴィトン財布

ノマド

「ノマドレザー」という傷がつかない上質な牛革を使った「ノマド」シリーズです。ルイヴィトンから1991年に登場したラインです。このラインは「放牧」という意味を持っています。名前の通りに広い大地をイメージできるような素朴な色合いを使った財布やカバンがあります。

 

使えば使うほどに革の良さが増してきてツヤがでてきます。長くつかうほど自分だけの革の財布になる味のあるシリーズです。色はライトブラウンの「キャメル」とブラックの「ノワール」があります。

 

ノマドラインからは機能的な二つ折り財布である「ポルトフォイユ・マルコ」が発売されています。上質なカーフレザーがおしゃれで、素材の質感を味わうことができて他のルイヴィトンのラインとは一味違う上品さがあります。

 

コンパクトで使いやすいタイプの財布なので人気があります。札入れが2、マチつきの小銭入れが1、ポケットが1、カード入れが3あります。

 

ルイヴィトンの中でもモノグラムやダミエのように「ノマド」は柄がありません。ヴェルニのようにエナメル加工が施されているわけでもありません。

 

ノマドは素材の美しさそして革本来が持っている美しさを最大限に引き出しています。さりげなくブランド品を持って楽しみたいという人におすすめです。

 

ノマドで使われる革は素材の段階から厳しい基準を設けて選ばれています。ほんの小さな傷1つあるだけでもダメなのです。厳選した革を丁寧になめしてさらに革を美しく仕上げていきます。

 

買ったばかりは硬い肌触りの財布が使っていくほどだんだんと手になじんでいきます。革の美しさを引き出したライン、ルイヴィトンにおいてもっとも贅沢なラインと言えるかもしれません。

修理

ルイヴィトンのバッグと財布は、全国にあるルイヴィトンの店舗やリペアサービスショップで修理や部品交換などを依頼することができます。ブランド品のいいところは長く使えるところです。いいものは長く使えますし、財布やバッグを長く使えるようにとブランド側もメンテナンスをしてくれます。

 

ただし財布やバッグがルイヴィトンの正規品ではなく偽物だった場合、修理は受け付けてもらえません。自分の持っている財布が本物のルイヴィトンかどうか自信がない場合、偽物かどうか判別することができるわけです。

 

ルイヴィトンでは、修理に使う糸や針、ビス1本にいたるまでパリと同じパーツを揃えてリペアしているそうです。しかも熟練した職人によって丁寧に治してもらえるので安心して預けることができます。

 

リペアサービスを行っているところはルイヴィトンの専門店です。ルイヴィトンの専任スタッフが対応してくれます。一般的には修理は2、3週間で完了します。修理代に関しては見積もり制となっています。

 

リペアを依頼したいときには、直接ルイヴィトンの店舗に持ち込むか、ルイヴィトンの製品を専門に扱っているリペアサービスショップに依頼するか、郵送する方法があります。

 

修理の流れは次の通りです。財布やバッグの修理したいものを店に持ち込むか郵送します。後日店側から見積もりの連絡が入ります。見積もり料金を確認して修理を依頼してから、修理作業が始まります。

 

見積もりの時点で修理代金が高すぎて嫌な時はキャンセルすることができます。修理が終わると細かくチェックされて、修理完了となります。

 

ルイヴィトンのリペアサービスは東京と名古屋と大阪と神戸と福岡にあります。財布のファスナー1つ壊れただけでもすぐに治してもらうことができるため、ルイヴィトンを安心して長く使い続けることができます。