蟹(カニ)

カニは栄養が高い食べ物なの?

カニは高タンパクな食べ物ですが、魚や肉と違って脂肪が殆どありませんから、低カロリーな食材です。しかも、各種ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、大変女性には嬉しい食材と言えます。それに、カニはタウリンが多く含まれているので、血圧を下げたり、肝機能を回復したり、疲労回復する効果があります。

 

そして、多くのビタミンやミネラルを含んでいますから、大変美容にも良く、特に鉄分などが含まれているために貧血予防にも効果があるとされています。最近、テレビのコマーシャルなどでもよく耳にするキチン・キトサンとか、グルコサミンという言葉はご存じの方が多いと思います。

 

キチンは、カニやエビなどの甲殻類に多く含まれている動物性の食物繊維なのですが、コレステロールを抑え、動脈硬化などを防止する効果や、免疫力を高めて自然治癒力を回復させる効果などもあります。そのキチンの中に含まれているのが、グルコサミンです。

 

最近は、グルコサミンのサプリメントが多く出回るようになりましたが、グルコサミンには関節細胞の新陳代謝を高め、軟骨の再生力を回復させ、関節炎を緩和させる力があります。

 

また、グルコサミンは、美容成分としてよく知られているコンドロイチンやヒアルロン酸の原料ですから、お肌にもとてもよい成分と言えます。このように、カニには大変多くの栄養価が含まれている上に、高タンパク低カロリーという、大変良いダイエット食材であるとも言えます。