iphone4

iphone4専用のスピーカー

iphone4専用のスピーカーとして発売されたメディアで話題の商品を紹介します。
センチュリーが発売した「iHorn mini」です。
2011年5月に電源不要で使えるiphone4専用のスタンドスピーカーとして発売しました。
価格は8,400円です。
カラーは4色でシルバーとガンメタリックとブルーとレッドがあります。

 

パシッブスピーカーを内蔵しているiphone4専用のミニスタンドです。
電源不要で使うことができるのでどこでも使えて大変便利です。
iphone4を接続すると音圧を増幅させることができるので音量が約3倍になるそうです。

 

従来発売していた「iHorn」をさらに小型化してコストダウンを図りました。
本体の底部分には、内部のホルン形状が見えるようにバックスケルトンのアクリル板を使いました。
内部が見えることで存在感を出しています。
本体サイズは幅72mm、高さ28mm、奥行72mmとなっています。
本体重量は230gです。

 

煩わしい配線をする手間もなく、イヤホンをジャックに差し込む必要もなく、ただ置いてiphone4を立てるだけで使うことができます。
デザインもアルミが削り出しとなっている高級感のあるボディに仕上がっています。
お部屋のインテリアとしてもおしゃれだと思います。
音声を増幅させて美しい自然な音を楽しむことができます。
音を知り尽くしている「匠」が作りだした技が光っていて、内部のホルン形状によって音を効果的に反響させています。
購入はセンチュリーの運営している通販サイト「白箱.com」からできます。

アクセシビリティ

iphone4で対応しているアクセシビリティは他にもあります。
「点字ディスプレイ」についてです。
iphone4においてBluetoothのワイヤレス点字30種類以上に対応しています。
これは標準基準なのでiphone4を箱から出した時点ですぐに使うことができます。
点字ディスプレイへつないでiphoneでVoiceOverを使ってナビゲートします。
特別なソフトは一切必要ありません。
またiphoneは25カ国語以上もの国際ブライユ点字表に対応できます。

 

新しい入力方法として注目されている「タッチタイピング」では視覚障害のある人でもオンスクリーンキーボードを使うことができます。
指でキーボードをなぞって同時にVoiceOverを使って音声でも文字を読みあげます。
入力したいと思う文字に指が触ると指を持ちあげてキーを選べます。
VoiceOverでは「ローター」という仮想コントローラー機能もあります。
二本指で画面に触れて、ローターでダイヤルを回すように回転させると選んだ設定によってWebページを読み上げる方法を変えることができます。
こうすることで見出しごとやリンクごと画像ごとにWebページをチェックできます。
視覚障害がある人用にローターを目で見ることによって確認することができます。

 

画面が見にくいときにはズーム機能を使うとiphoneでは最大で通常の5倍サイズで画面全体を拡大することができます。
iphone4ではズーム機能に加えてテキストも大きい文字で表示ができるため、この機能を応用してメールや連絡先、SMSやMMSなどもフォントサイズが大きくできます。