iphone4

iphone4の価格

ソフトバンクではiphoneの購入には2つの料金プランが設定されています。
1つが「バリュープログラム」でもう1つが「標準プライスプラン」です。
「バリュープログラム」の場合端末価格がかなり安くなっています。
その一方でパケット料金が固定されているので注意しなければなりません。
本体価格を見てみると、本来の価格ではiphone4の16GBが46,080円、iphone4の32GBが57,600円の設定となっています。
これを割賦払いで「新スーパーボーナス」の2年払いにすると月々16GBで1,920円、32GBで2,400円となります。

 

ソフトバンクでは「月月割」という割引を適用しています。
この割引金額が1,920円です。
つまり毎月の支払い金額からこの分が引かれるので、16GBの場合0円となり、32GBの場合480円となります。
支払い総額は16GBで0円、32GBで11,520円になります。
2年間使い続けてお得になるという仕組みです。

 

実際に月々支払う金額としては、「バリュープログラム」の場合、4,410円で基本料金をホワイトプランにしたとすると980円、パケット通信料が315円です。
つまり音声通話を一切しないで利用したとなると毎月の支払額の最低金額は16GBで5,705円、32GBで6,185円となるわけです。
4,410円は固定料金なのでパケットを使っても使わなくても同一料金です。
ただしこれらは2年契約が大前提となっているので、途中解約や契約の変更時には別途料金がかかることがあるので注意しなければなりません。

 

 

もうひとつの「標準プライスプラン」の場合、先ほどのバリュープログラムみたいにパケット料金が固定していません。
そのためパケット料金が最低月額1,020円から設定されていて、上限が4,410円となっています。
外出先ではほとんどパケットを使わないとか、外出先で使うときにはWi-Fiを接続するという人の場合、月額1,020円にできる可能性はありますが使い勝手は良くないと思います。
標準プライスプランにすると、iphone4の本体価格も高くなってしまいます。
バリュープログラムと比較するとiphone4の16GBも32GBでも11,520円高くなってしまいます。
iphone4の機能をアクティブに使いたい人は「バリュープログラム」にした方がいいと思います。

 

iphone 3Gやiphone3GSの人がiphone4に機種変更するときに気をつけなければいけないことがあります。
先ほど紹介した「月月割」という割引システムが3Gや3GSを分割払いしている場合、適用されないのです。
新しく購入するiphone4に関しては割引が適用されるのですが、従来使っていた3Gや3GSの分が適用外になってしまうので、残債が残ることになるのです。
例えばiphone3GSを1年前に買った人がiphone4に機種変更すると、3万円以上も残債が残ることになります。
この残債については、ソフトバンクショップやその他のiphone販売店で確認できるので事前に確認しておいたほうがいいと思います。