iphone4

iphone4とiphone3GSとの違い

iphone3GSからiphone4になって変わった点について具体的に説明します。
iphone4になって見た目でも変わりましたが機能についても大幅なバージョンアップをされています。
見た目で言えば、丸みを帯びていたデザインから少し角張ったスタイルに変わりました。
ガラス素材を使ってステンレスを挟んでいるようなかたちなので高級感も感じられます。

 

使い勝手について一番感動するのが「retinaディスプレイ」だと思います。
iphone3GSのときに比べてiphone4の方が解像度は4倍にもなっていて細かい文字や写真の表現力もとても良くなって美しくなりました。
iphone4の画面を見るともうiphone3GSは見られないというくらいのインパクトです。
ウェブページについても全体を表示できているので見やすくて利便性が向上しました。
電子書籍などを開いても印刷物を見ているかのような感覚で見ることができて、目に疲れも感じないように思います。

 

カメラも進化しました。
iphone3GSのときには300万画素でしたが、iphone4では500万画素になりました。
ディスプレイが美しいのでカメラと組み合わせると驚くほど美しく撮影することができます。
LEDフラッシュも内蔵されているため暗闇でも撮影しやすくなっています。
動画を撮影するときには画面をタッチすれば簡単にフォーカスを合わせられます。
従来は静止画のみ対応していた機能です。
撮影したHD動画に関しては別売りアプリの「iMovie」を600円で購入すると編集作業もできるようになります。

 

 

 

従来のものにはなくてiphone4独自のサービスもあります。
それがビデオ通話機能の「Facetime」です。
無線LAN経由でテレビ電話が無料でできます。
今現在はiphone4同士でなければできず、さらに双方が無線LAN環境の場合しかできないという制約があります。
「Facetime」ではスピーカーの横のインカメラを使って行います。
現在ソフトバンクモバイルにおいて、通話無料時間が夜9時から深夜1時まで適用外となっているのでこの時間は「Facetime」と使うと通話料を節約できそうです。

 

受信感度については、日本国内で使う限りは特に問題がないように思います。
日本国内でソフトバンクモバイルのものを使うのであれば、問題なく使えると思います。

 

iphone4にはアップル社が開発を行った高性能チップ「A4」が搭載してあります。
これはiPadでも採用されています。
速度に関しては、iphone3GSのときと特に違いは感じません。
しかしチップを「A4」にして小型化したことで、本体内にスペースができて従来よりも大きめのバッテリーを搭載できるため電池寿命に関しては若干延びている気がします。
このようにiphone4では、デザインや液晶画面、カメラや性能などすべてにおいて従来品よりも強化されていることがわかります。
アメリカで起きたアンテナ問題については、日本でソフトバンクのものを使っている限りは気にしなくて大丈夫だと思います。