iphone4

iphone4とは?

「iphone4」とは、2010年6月に発売開始されたiphoneの第4世代のことです。 2008年に発売されたiphone 3Gから2回目のフルモデルチェンジを果たしました。 ボディ背面のデザインを従来のものと変更しています。 従来の背面はポリカーボネート製でできた丸みを帯びたデザインでした。 今回強化ガラス製でできた平坦なデザインに変えました。 側面は金属製フレームが露出していて、アンテナ機能を兼ねています。 従来のiphoneよりもiphone4は小型化、薄型化を果たしました。 システムチップに関しても自社開発したApple A4プロセッサに変えて高速化と省電力化しました。 高解像度のディスプレイも搭載しています。 背面には500万画素のカメラがついていて、LEDのフラッシュライトがついています。 「Face time」でビデオ通話する際に便利なようにカメラは前面についています。 機能をみると、HDビデオ記録機能があり3軸ジャイロセンサがついています。 バッテリーを高容量化していてビデオ編集やマルチタスク、アプリケーションフォルダを実現して大幅な機能の向上を果たしました。 容量は16GBのものと32GBのものがあります。 バッテリーを高容量化したこととA4プロセッサに移行したことでバッテリーの駆動時間が40%以上も向上しました。 カラーはホワイトとブラックの2色で従来のものと同じですが、製造上の問題によりホワイトが2010年7月の発売開始当初はブラックのみで、ホワイトは2011年春の発売となりました。 これによりiphone 3の販売は終了となります。

仕様

iphone4の仕様について説明します。 初期搭載されている「iOS」は「iOS 4」です。 「ディスプレイ」は3.5インチで画面比率は3:2です。 プラスチックより何十倍も強化されたガラスでキズがつきにくい「アルミノケイ酸ガラス」を使用しています。 液晶ディスプレイはIPS方式です。 指紋がつきにくいように撥油コーティングも施されています。 「グラフィック」は3GS同様に「PowerVR SGX535 GPU」となっています。 「ストレージ」は16GBと32GBの2種類です。 「CPU」は「Apple 4 1GHz」です。 「メモリ」は512MBです。 「カメラ」は背面に5.0メガ、裏面照射型でCMOSイメージセンサがついています。 表面にVGAサイズの写真とビデオ撮影用のカメラがついています。 「通信や接続」に関しては、従来のものに加えて「3軸のジャイロスコープ」機能やマイク2つにノイズキャンセリングをつけています。 microSIMカードも使えます。 「材質」はアルミノケイ酸ガラス、ステンレス鋼です。 「電池」は内蔵充電式のリチウムイオンポリマーの二次電池です。 「連続利用時間」は待受けで300時間、連続通話が3Gの場合7時間、2Gの場合14時間。 WebはWi-Fiを使えば連続10時間、3Gならば6時間です。 音楽は40時間、ビデオは10時間連続利用が可能です。 「サイズ」は115.2mm*58.6mm*9.3mmです。 「重さ」は137gです。 「発売開始」はiphone4のブラックが2010年6月、ホワイトが2011年4月です。

iphone4エントリー一覧

microSIMカードについて

iphone4が対応している「microSIMカード」は3Gの通信機能を利用するために必要なものです。従来の携帯電話には「SIMカード」に対応していましたがこれでは役不足なのです。2010年の時点で国内では「microSIMカード」は発売されていませんでした。従来のカードよりもさらに小型化されている...

続きを読む

iphone4とiphone3GSとの違い

iphone3GSからiphone4になって変わった点について具体的に説明します。iphone4になって見た目でも変わりましたが機能についても大幅なバージョンアップをされています。見た目で言えば、丸みを帯びていたデザインから少し角張ったスタイルに変わりました。ガラス素材を使ってステンレスを挟んでいる...

続きを読む

iphone4のOSについて

iphone4に搭載されている新しいOSが「iOS 4」です。既に発売されている機種のiphone3GSやiphone 3Gでもソフトをアップデートして「iOS 4」に変更することができます。iOS 4でできることを紹介します。大きな特徴としては、複数あるアプリをまとめてフォルダ管理できるようになっ...

続きを読む

iphone4専用のワイヤレス充電器

パソコンの周辺機器を企画開発したり販売したりしている会社「ノバック」から、iphone4専用としてワイヤレス充電器の発売をするそうです。商品名は「置満チャージャーNV-IC100」です。2011年5月27日から家電量販店などで販売開始するそうです。iphone4にシリコンでできた専用のジャケットを装...

続きを読む

iphone人気アプリランキング

iphoneには多くのアプリケーションがあります。これらのアプリのどれをインストールして何に使うのかは人それぞれ違っていてオリジナルのiphoneに仕上がっていくのだと思います。しかしその中でも多くの人に愛用されている人気アプリがあります。ここでは人気アプリランキングとして、いくつかおすすめのアプリ...

続きを読む

iphone4用のケース

iphoneの発売によってiphoneのケースも発売されるようになり、今では市場が確立したほどiphoneケースがメジャーなものになってきています。iphone4用のケースも次々に発売されています。ケースの種類の豊富さに驚くくらい出回っていてすべてを把握するのは難しいくらいです。その中でもiphon...

続きを読む

iphone対応のアクセサリ

ケース以外にもiphone対応のアクセサリは様々なものがあります。最近発売された商品ですと、iphone4用の「Bumper」があります。耐久性の高いゴム、成型プラスチックの組み合わせで作られたバンパーがiphone4にフィットします。価格は2,800円です。スタンド機能がついている便利な「ポータブ...

続きを読む

iphone4用の液晶保護フィルム

大切な液晶を守るために「保護フィルム」も販売されています。iphone4用のものも既にいくつか発売されています。iphone4用の液晶保護フィルムの一例を紹介します。液晶保護フィルムにも目的別に応じて種類があります。例えば、反射を防いで透明度の高い画面が見られる「反射防止タイプ」。指紋がつきにくくて...

続きを読む

iphone4機種の選び方

iphoneは現在、iphone3GSとiphone4が市場に出回っています。iphone4でも16GBのものと32GBのものがあり、計3種類のiphoneが販売されています。この中でどれを選べばいいのか。自分の目的に合ったiphoneを選ぶのが一番なのでその選び方のポイントを紹介します。それぞれ大...

続きを読む

iphone4のカメラ

カメラ機能についても、iphone3GSからiphone4になったことで大きく機能面がアップしています。iphone4ではカメラの画素数がアップしてさらに内蔵フラッシュが搭載されました。iphone3GSではカメラの画素数が300万画素でしたが、iphone4では500万画素になりました。500万画...

続きを読む

iphone4の価格

ソフトバンクではiphoneの購入には2つの料金プランが設定されています。1つが「バリュープログラム」でもう1つが「標準プライスプラン」です。「バリュープログラム」の場合端末価格がかなり安くなっています。その一方でパケット料金が固定されているので注意しなければなりません。本体価格を見てみると、本来の...

続きを読む

iphone4専用のスピーカー

iphone4専用のスピーカーとして発売されたメディアで話題の商品を紹介します。センチュリーが発売した「iHorn mini」です。2011年5月に電源不要で使えるiphone4専用のスタンドスピーカーとして発売しました。価格は8,400円です。カラーは4色でシルバーとガンメタリックとブルーとレッド...

続きを読む