福袋の意味と由来

大丸が福袋の販売を一番最初に行った百貨店である?

年末になると必ずワイドショーなどで取り上げられる福袋ですが、一体いつから福袋が売られるようになったのかご存知ですか?日本で言われている福袋とは、元々福の神として有名な大黒天さんが打ち出の小槌や米俵と共に抱えている大きな袋のことを言うんだそうです。

 

この袋にはお金やお米が入っている訳ではなく、幸運や幸福などが入っていて、大黒さんがやってくるとその袋から福を分け与えてくれると言われています。

 

現代では、年始の初売りに百貨店を中心に様々なお店で売られ、商習慣の一つとなっている福袋ですが、どのお店がいつ頃からこの福袋を売り出したのでしょうか?実は、福袋を最初に売り出した所については色々な説がありますので、いくつかご紹介したいと思います。

 

まず、一つ目は大丸起源説です。元号ははっきりとわかっていないのですが、江戸時代から福袋を販売していた記録があったのです。その中身は端切れなどを袋に詰めて初売りの時に販売していたようで、その中には金の帯が入っていることもあり、それが当たりのような感じになっていたようです。

 

二つ目は、松屋起源説です。現在では老舗百貨店の一つの松屋の前身である鶴屋呉服店が明治40年(1907年)に販売していた記録があるようですが、こちらに関しては価格や中身は不明なんだとか?

 

三つ目は、松坂屋起源説です。こちらに関しては明治44年(1911年)に松坂屋の前身であるいとう呉服店が多可良函(たからばこ、と読みます)という物を販売していたという記録があります。

 

価格は50銭でしたが、中身は不明のようです。元号などはっきりしたことはわかっていませんが、上記の内容から見ると、大丸が福袋の販売を一番最初に行った百貨店であることが有力なのではないかと思います。