フラクタル

フラクタルの原点

アニメのフラクタルを観たことがありますか?
山本監督が引退を賭けて制作した冒険ファンタジーです。
フジテレビのノイタミナ枠で深夜に放送されました。
2011年1月のことです。
山本監督の意気込みとは裏腹に、フラクタルの評価は芳しくありませんでした。
このフラクタルのモチーフはどこから来たのでしょうか?
フラクタルの原作はマンデルブロ・エンジンこと、山本寛、岡田磨里、東浩紀の3名です。
それぞれがアニメと違う分野でも活躍している人たちです。
豪華な顔ぶれでしたが、フラクタルの内容に奥深さがなかったためでしょうか?
フラクタルのバックの風景は天空のラピュタをイメージしているそうですが、音楽がアイルランド民謡ですから、ちょっとラピュタとは違いますよね。
アニメを制作している人たちは、どちらかと言うと思い込みが激しいのではないかと思われます。
自分たちが考えていることが多くの人に理解してもらえると思っているのかどうか疑問ですね。
山本監督はフラクタルを制作するときに、アニメと言うものがよくわからないと言っています。
それはアニメがわからないのではなく、自分の中の思いが人に伝えられないと言うことではなかったのでしょうか?
もちろん、テレビアニメに限らず、映画や漫画でも同じことですが、それが受け入れられるためには時代の背景重要なことです。
いい作品でもその時代には受け入れられないことは多いのです。

同じ作品でも観る人によって評価は大きく変わります。
今は厳しい評価であっても、別の時に改めて関心を呼ぶこともあるでしょう。

フラクタルの感想

ブログなどでアニメの感想を読むことがありますが、フラクタルの感想はあまりよくありません。
アニメを趣味としている人が多くなりましたから、それらのサイトも非常に充実しています。
そのような中ではアニメの質は必然的に高まります。
そして、感想を述べる方も高い見識があるのです。
そのため、一般的にはよいと考えられるアニメでも厳しい評価を受けるケースがあります。
ストーリーやキャラクターの描き方について、専門家のような感想を述べる若者たちが多いのです。
もっと、素直にアニメを観ることはできないのでしょうか?
また、アニメを観ると、そのことをブログにアップしている人もいます。
細かい描写のことをいろいろとチェックしているのです。
アニメがマニアのものになってしまったら、普通の人の感覚からはずれてしまいます。
それは日本のアニメにとっていいとは言えないのです。
最近のコミックなどを観てみましょう。
なんだか秋葉原のアイドル的なイメージが強くありませんか?
アニメに出てくる少女はどれも同じように見えてしまうのは私が年を取ってしまっているからでしょうか?
もちろん、年齢によって面白いと思うものが違います。
しかし、ブログを読んでいるとフラクタルが不評なため、それを面白いと言う人は肩身の狭い思いをしなければならない雰囲気ですよね。

もっと自由に感想を述べ合ったらいいのになと思います。
ネットでは素直な気持ちよりも人の悪口の方が多いです。
それは顔が見えないと言うことが関係していることは間違いありませんね。