フラクタル

フラクタルの小説

コミックガンガンにはオンラインサイトがあります。
その名もガンガンオンラインです。
フラクタルはフジテレビで放映されたアニメですが、小説も書かれています。
小説では登場する人物たちは同じような顔ぶれですが、ストーリーは異なっています。
意識して設定を変えていると言えるでしょう。
アニメーションと小説のどちらも見ていない人はどちらも先入観なしに楽しむことができるでしょう。
しかし、今までもたくさんの小説が映画化されましたし、小説の続編が映画となったり、テレビとなったりした例はあります。
フラクタルでも同じようなことになります。
しかし、ブログなどを読んでみると、その評価は大きく分かれているようです。
もともと、フラクタルを観るような人たちはその他のアニメーションもたくさん観ています。
評価するレベルが高いと考えられるのです。
アニメにこだわりを持っている人も多いでしょう。
そのために、素直な鑑賞をするのではなく、評論家のような感覚になってしまうのです。
小説は東浩紀によって書かれています。
フラクタルそのものではなく、「フラクタル/リローデッド」というタイトルです。
もう一つのフラクタルと言うことです。

アニメともコミックとも違っているのです。
雑誌ダ・ヴィンチに連載されています。
あなたも一度読んでみるといいでしょう。
アニメーションの欠点は頭の中でイメージするより前に映像として受け取ってしまうことにあります。
小説の場合はそうではありませんから、同じストーリーでも異なった印象となるのです。

フラクタルのキャスト

オリジナルテレビアニメとして2011年1月から放映されたフラクタルのキャストを紹介しましょう。
最近では声優が表舞台に出ることが多くなったような気がします。
昔のアニメならばほとんどの声優の顔を見たことがないですよね。
フラクタルの場合も監督とともに声優たちがインタビューに出ていたりします。
さてフラクタルのキャストを紹介します。
主人公の少年クラインは小林ゆうさんです。
小林ゆうさんは声優と言うよりも、モデルとしてCMや新聞などにたくさん出ていた人です。
最初から表舞台にいたのですね。
声優としても活躍していますが、女優やラジオのパーソナリティとしても知る人ぞ知るです。
それから、ヒロインのフリュネは津田美波さんです。
この人も表舞台で活躍しています。
青ニプロダクションに所属の声優です。
写真写りがいいですね。
フラクタルだけではなく、いろいろな声優をやっているのです。
年齢が若いですから、子供の声が得意のようです。
ゲームなどもやっていますね。

それからネッサは花澤香菜さんです。
花澤さんはタレント、女優、声優としてがんばっています。
最初はテレビの子役として出ていましたから、芸能生活は長い方です。
テレビアニメのゼーガペインで抜擢されました。
これにより声優としての人気が高まったのです。
花澤さんの声は語りかけるような癒し系の声と評されています。
特徴ある声が声優としての貴重な才能なのでしょう。
ヒロイン役も多く、毎年10タイトルぐらいをこなしているそうです。
他のキャストとしてはエンリ役が井口裕香、スンダ役が浅沼晋太郎となっています。