フラクタル

フラクタルを知る

アニメ好きの人はたくさんいます。
若い人も多いですが、中高年でもこだわりを持っている人がいるのです。
そのような人にフラクタルはどう見られているのでしょうか?
フラクタルシステムという壮大なスケールの仕掛けを考えておきながら、そのメッセージは観る人に伝わってこないと言われています。
全体のストーリーが十分考えられたものではなかったのでしょうか?
もちろん、その部分、部分を見てみると完成度は高いのでしょうが、連ドラと同じような位置づけのアニメなのですから、次週も見たくなるような構成にすべきだったのです。
登場人物の設定も、物足りなさを感じてしまいます。
フラクタルのことを知りたければ、公式サイトをアクセスしてみましょう。
そうすればたいていのことはわかります。
しかし、あらすじがわかったからと言って、すべてがわかるわけではありません。
放映されたアニメを見てください。
もし、見逃しているのであればDVDを購入すると言う手もあります。
放映が始まったころにはもうDVDやBDの先行予約が始まっていましたね。
どれくらいの人気があったのかはよくわかりません。
しかし、アニメとして注目を集めたことだけは間違いありません。
そして、注目を集めた割には内容がなかったということでしょう。

誰でもアニメを見るときにその内容を期待しているのであれば、素晴らしいものでなければならないのです。
あなたはフラクタルをどのように見ていますか?
これから見るつもりなら、あまり多くの情報を持たない方がいいでしょう。
観た後でサイトの情報を読んでみるのです。

フラクタルの世代

アニメで育った世代では声優が誰かといったことも重要なポイントです。
フジテレビで放映されたオリジナルアニメのフラクタルの声優を知っていますか?
主人公クレインは小林ゆうさんです。
それからヒロインのフリュネは津田美波さん、ネッサが花澤香菜さんでした。
小林ゆうさんはたくさんのテレビアニメに登場している、有名な声優なのです。
アニメにこだわっている人は知らない人はいないらしいです。
最近は声優の顔がいたるところに出てきましたね。
昔ならそんなことはなかったのですけど。
これはアニメには裏があって、声優がしゃべっているのだということがわかっているのです。
アニメのキャラクタを見ながら、声優の顔をイメージしているのです。
現代の声優は俳優と同じことなのでしょう。
それからアニメではスタッフも重要です。
監督と声優だけではアニメは成立しません。
デザインやコンテなどのスタッフの力量で作品の良さが変わってくるのです。
ストーリーの原案は東浩紀です。
この人もアニメ界では著名人のようですね。

私は知りませんでしたけど。
シリーズ構成は岡田磨里です。
基本形は山本監督、東浩紀、岡田磨里の3名で作られたと言っても過言ではありません。
アニメーションを制作するときには多くのスタッフが関わっています。
アニメを子供の時から見ている世代にとっては宮崎駿のアニメが強烈な印象となっているはずです。
どのようなアニメでもその影響を少なからず受けているのです。
フラクタルも天空のラピュタの影響を受けていると言われています。