フラクタル

フラクタルについて

山本監督が作った冒険ファンタジーアニメーションがフラクタルです。 時代は未来です。 そこには世界を管理するフラクタルシステムというものが存在しています。 人類の楽園が誕生したと思われていたのです。 しかし、それが間違いであったとわかったのは、それからさらに千年が過ぎた時です。 少年クレインが助けた少女フリュネ。 その出会いから物語が始まるのです。 フリュネを探す旅に出たクレインに待っていたものは何か。 山本監督がアニメの未来に向けて制作したものと言われています。 山本監督自身の原点とも言える冒険ファンタジーでアニメ界に衝撃を与えた作品なのです。 放送はフジテレビの「ノイタミナ」で毎週木曜日に放送されています。 登場人物を紹介しましょう。 主人公の少年クレインは14歳です。 声優は小林ゆうで、フラクタルシステムの恩恵を受けてのんびりとした生活を送っている。 草食系男子と表現されています。 古いIT機器をいじるのが好きで、趣味はサイクリングと活動的な面もあるようです。 それからフリュネは16歳の少女、声優は津田美波。 フラクタルシステムを管理する僧院の巫女です。 外界を知らず、僧院の中で育ったため、世間の常識を知らない少女です。 クレインに助け出されましたが、すぐに姿を消してしまいます。 ネッサは人間ではありません。 ドッペルと表現されていますが、要するにコンピューター映像です。 それでもクレインが触ることができる不思議な存在です。 クレインの冒険の手助けをしてくれるようです。 この他にもたくさんの登場人物がいますが、山本監督のオリジナル作品として注目されているフラクタルです。

フラクタルの魅力

TVアニメの新しい可能性を模索するための深夜枠がノイタミナです。 フジテレビの深夜番組です。 アニメーションのフラクタルは2011年1月からオリジナルアニメとして放映されました。 このアニメの魅力としては監督の山本寛氏に負うところが大きいかもしれません。 フラクタルの制作決定時にはアニメはだめかもしれないとか、これが失敗すれば引退も辞さないなどと過激な発言を繰り返していたようです。 登場人物の声を担当した人たちが語っているフラクタルの魅力を紹介しましょう。 主人公クレインの声を担当する小林ゆうさんはとても自然な芝居を求められていると語っています。 主人公クレインは素朴で草食系のやさしい少年という設定です。 山本監督の作品には初めて参加する小林ゆうさんですが、監督の印象を聞かれてこう答えています。 いつもスーツで現場に来られるので、近寄りがたいオーラが出ているようです。 でも、そうではなく、気さくにわからないことなどを教えてくださるので、とても助かっていますということでした。 また、津田美波さんが声を担当しているのはヒロインのフリュネです。 フリュネのイメージはおとなしい少女と思っていたようですが、作品の中では意外と感情表現が豊かだと気付いたと言います。 泣いたり笑ったりと忙しい少女なのです。 キャラクターから元気をもらっていると言うのはネッサを演じている花澤香菜さんです。 山本監督の作品には出演経験がある花澤さんですが、この作品での山本監督の意気込みのすごさに、身が引き締まる思いと述べています。

フラクタルエントリー一覧

フラクタルを知る

アニメ好きの人はたくさんいます。若い人も多いですが、中高年でもこだわりを持っている人がいるのです。そのような人にフラクタルはどう見られているのでしょうか?フラクタルシステムという壮大なスケールの仕掛けを考えておきながら、そのメッセージは観る人に伝わってこないと言われています。全体のストーリーが十分考...

続きを読む

フラクタルの特徴

フジテレビで深夜の時間帯をアニメのために使っているのがノイタミナです。2011年1月からフラクタルが放送されました。このフラクタルが始まる前には監督の山本寛氏が「作品が失敗すれば引退も辞さない」と発言していました。その意気込みが注目を集めていたようです。実際の出来栄えはどうだったのでしょうか?多くの...

続きを読む

フラクタルの監督

山本寛監督のことを紹介しましょう。フジテレビのアニメであるフラクタルの監督をしているのです。通称「ヤマカン」と呼ばれている山本監督ですが、高校、大学を経て京都アニメーションに入社しています。若い時からアニメーションはよく観ていたようです。最近では実写の映画監督もするようになっています。アニメでは監督...

続きを読む

フラクタルとフジテレビ

フジテレビの木曜深夜枠でノイタミナというのがあります。この語源はアニメーションを逆さにローマ字読みしたものです。制作スタッフの思いはアニメーションを覆すような作品を作りたいと言うことです。フジテレビでは冒頭にはノイタミナの映像が流れます。このアニメ枠の考え方は、コミックのアニメ化と言う形態ではなく、...

続きを読む

フラクタルの漫画

TVアニメのフラクタルは漫画にもなっています。と言うよりも漫画の方が早く始まっているのです。最近はインターネットの普及によって、ペーパーでの読書ではなくオンラインでの読書が流行っています。印刷の必要がないと言うことは費用も安く済みますし、読者からの反応も早くなります。同人誌などで発表していた漫画家を...

続きを読む

フラクタルの小説

コミックガンガンにはオンラインサイトがあります。その名もガンガンオンラインです。フラクタルはフジテレビで放映されたアニメですが、小説も書かれています。小説では登場する人物たちは同じような顔ぶれですが、ストーリーは異なっています。意識して設定を変えていると言えるでしょう。アニメーションと小説のどちらも...

続きを読む

フラクタルのグッズ

フラクタルをモチーフにしたグッズがフジテレビから販売されています。フラクタルが好きな人にはお勧めの品々です。フラクタルのメモ帳はいろいろなバージョンがあります。クレインとネッサ、フリュネ、スンダとエンリなどです。それから、学校で使えるB5の下敷きもあります。また、A4のクリアファイルは気軽に購入でき...

続きを読む

フラクタルのキャラクター

フラクタルの公式サイトからキャラクターたちのことを調べてみました。フラクタルシステムと言う世界を管理しているシステムがあり、それによって人類は働かなくてよい世界が広がっています。その世界の千年後の話です。そこは現代とは大きく変わって、バーチャルな人との付き合いしかありません。まるで、ゲームの世界で生...

続きを読む

フラクタルの原点

アニメのフラクタルを観たことがありますか?山本監督が引退を賭けて制作した冒険ファンタジーです。フジテレビのノイタミナ枠で深夜に放送されました。2011年1月のことです。山本監督の意気込みとは裏腹に、フラクタルの評価は芳しくありませんでした。このフラクタルのモチーフはどこから来たのでしょうか?フラクタ...

続きを読む

フラクタル制作委員会

アニメの世界中のニュースを流しているサイトがあるようです。それはアニメニューズネットワークANNです。そのANNによるフラクタルのニュースです。テレビアニメのフラクタルは日本で放送終了後に北米同時配信が行われていました。しかし、日本のフラクタル制作委員会はその同時配信を停止する処置を行ったそうです。...

続きを読む

フラクタルのイベント

フラクタルのイベントの情報です。フラクタルはフジテレビで放映されたアニメです。ノイタミナ枠を利用して、深夜に放送されています。フラクタルの公式サイトにイベント情報がありました。BD&DVDの発売イベントがあるのです。アニメの中で声優をやっている小林ゆう、津田美波、花澤香菜、井口裕香、浅沼晋太郎の5名...

続きを読む

フラクタルの登場人物

冒険ファンタジーアニメのフラクタルに出てくる登場人物を紹介しましょう。まずは主人公のクレイン・ネクランです。古いものが好きな14歳の普通の男の子です。特別にかっこいいわけでもありません。代わり映えのない日常生活が、フリュネとネッサと出会ったことから大きく変わっていきます。草食系少年という設定ですが、...

続きを読む

フラクタルの主題歌

冒険アニメには音楽がつきものです。最近のアニメでは有名な歌手が歌を作っているケースもよくあります。アニメの人気と曲の人気で相乗効果をもたらしているのです。冒険アニメのフラクタルでの音楽を紹介しましょう。オープニングは「ハリネズミ」です。歌はAZUMAYA HITOMIが歌っています。YouTubeに...

続きを読む

フラクタルの公式サイト

フジテレビには番組毎の公式サイトがあります。アニメのフラクタルも公式サイトが開かれています。アクセスした人もたくさんいるのではないでしょうか?公式サイトの内容を少し紹介しましょう。興味がある人はアクセスしてみてください。フラクタルのイラストがいろいろ場面で登場しています。この絵を見ただけで何となくア...

続きを読む