サマンサタバサ

サマンサタバサの特徴と人気商品

サマンサタバサとは、バッグの輸入会社を経営していた寺田和正が、1994年に設立した日本のブランドです。ブランドのコンセプトが「エレガントで上品なファッション性」ということで、若い女性をターゲットとしたバッグや財布、ジュエリーなどを展開しています。

 

今までに、ビヨンセやヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポア、モニカ・クルス、サラ・ジェシカ・パーカーなどの海外セレブとコラボレーションした製品を展開したり、デザイナーとして起用したりして、若者の注目を集めて成長しました。サマンサタバサの商品は、ポップでキュート、そして、エレガントでカラフルなのが特徴です。

 

また、ほとんどの製品が日本製となっており、生産も日本の工場が主導となっています。海外セレブなど、著名人とのコラボレーションやデザイナーとしての起用などをしているにも関わらず、価格が海外ブランドと比べて控えめで、2万円程度の低価格で設定されているのも人気の理由の一つです。

 

高級感だけでなく、普段使いにも使用できるような素材のバッグや、カジュアルな製品も積極的にとりいれて、常にトレンドを追いかけ、進化し続けています。サマンサタバサのバッグは、売り切れになってしまうほど毎回人気です。

 

特に、モデルの蛯原友里さんとのコラボレーション作品は大ヒットとなりました。また、取り外し可能なミッキーのぬいぐるみチャームがついたディズニーとのコラボレーションのバッグも人気商品です。ディズニーとのコラボレーションはバッグだけでなく、ポーチもかわいいと好評です。

 

他にも、定番のフラワーモチーフやハート型の持ち手のバッグなどが人気でしょう。比較的低価格で購入できるサマンサタバサですので、オンオフの切り替え用にと、何種類ものバッグをそろえている女性も少なくないそうです。