電気ケトル

電気ケトルの比較

CMなどで注目を集めるようになった電気ケトルですが、いろいろなメーカーが販売していてどれがいいのかわかりませんね。
そこでちょっと電気ケトルの比較をしてみましょう。電気ケトルは今までの電気ポットに代わるものです。
電気ポットがいつでも熱いお湯を貯めておくのに対して、電気ケトルはお湯を沸かすだけの機能に絞られています。
しかし、単にお湯を沸かすだけなのですが、蒸気の温度を検知して自動的に停止します。
また、転倒してもお湯がこぼれないような工夫も施されているのです。
電気ケトルのユーザーは一人暮らしの人が多いようです。
昼間は仕事でお湯を必要とせず、朝晩に少量のお湯がいるのです。
電気ケトルのメーカーは象印と、タイガー、ティファールの3社が市場の7割以上を占めていると言われています。
手軽にお湯を沸かすことができる電気ケトルはこれからも大きな需要が見込まれることでしょう。
コップ一杯のお湯であれば1分程度で沸かすことができます。
コーヒーを飲むとか、カップ麺を食べるといった時に重宝するのです。
メーカーの違いで性能に大きな差が出るわけではありません。
基本的な性能は変わらないのです。
それではどれにすればいいのでしょうか?
デザインは個人的な好みが大きいですから、自分の好きなものを選びましょう。
また、材質はプラスチック、ガラス、ステンレスがあります。

それぞれに長所短所がありますね。
お湯の容量もランクがあります。
どのようなものを自分が必要としているのかを考えてみましょう。
電気店に行けば、電気ケトルが並んだ陳列棚があるはずです。

電気ケトルのメーカー

最近、新生活を始める人の必需品になってきたのが電気ケトルです。
一人暮らしで必要なお湯を沸かす道具です。
昼間は家にいないことが多いのですから、朝に必要な少量のお湯を短時間で沸かすことができます。
もちろん、ガスコンロでもお湯を沸かすことができますが、お湯が沸くと自動的に電気が止まる仕組みが省エネ志向にマッチしているのです。
電気ケトルを販売しているメーカーはたくさんあります。
ほとんどの電機メーカーが販売していると考えていいでしょう。
しかし、国内市場は象印、タイガー、ティファールの3社がダントツです。
およそ市場の7割を3社で占めていると言われています。
これからの時代はガスよりも、電気を利用した製品が多くなると考えられます。
それは、電気の方が省エネなどの制御が容易だからです。
単にお湯を沸かすための費用を考えた場合は電気よりガスの方が安くなります。
しかし、ガスの場合は換気扇を回したり、お湯が沸騰してもすぐには止めない人が多かったりすることを考えなければなりません。
つまり、トータルで見ると、電気ケトルが優位になるケースが多いのです。
電気ケトルメーカーはそれらのことをアピールしています。
また、電気ケトルはお湯を沸かすのですが、外側は熱くなりません。
誤って倒してもこぼれないのです。

とても安全には気を配った設計となっているのですね。
お湯を沸かすということは日常生活の中で頻繁にあります。
毎日使用すると言っていいでしょう。
あなたがこれから一人暮らしを始めるのであれば、電気ケトルをじっくり選んでください。