電気ケトル

ニトリの電気ケトル

ニトリではいろいろなものを販売しています。生活家電の一つとして電気ケトルもありますね。
お湯を沸かすのが面倒だと思っている人は、電気ポットを使っているようです。
最近ではその電気代がばかにならないということで、電気ケトルに切り替える人が増えているのです。
ニトリには格安の電気ケトルがあります。
2,900円ぐらいからあるようです。
電気ケトルの機能はそれほど多くありません。
お湯を沸かして、停止するだけです。
安全性などに配慮しているかどうかで、価格が変わってきます。
自分で使用するだけであれば安いもので十分です。
お手入れのしやすさなどは意外と重要かもしれません。
お湯を沸かすということから、カルキが底の方に溜まってしまいます。
それを取り除くためにいろいろなメーカーが工夫した構造にしているのです。
それから、デザインは個人の好みです。
ニトリ製の電気ケトルがあるわけではありませんが、新生活のグッズを揃えるためにニトリを訪れる人は多いのです。
そのような時に電気ケトルが目につくのですね。
若い人の一人暮らしを想定したデザインになっていますが、実際には中高年の夫婦などが購入しているようです。

火を使わないでいいことや、自動的に電気が切れるところが使いやすいのでしょう。
あなたも電気ケトルの購入を考えてみませんか?
少量ならばすぐにお湯が沸きますよ。
大きなパワーを必要としないので、コンパクトにまとめられています。
内部はステンレス製のものがほとんどです。
外側はプラスチックでも何の問題もありませんね。

電気ケトルの問題点

家電製品は技術の進歩に従って、どんどん便利になります。
しかし、どんなに便利になっても注意すべきことはあるのです。
お湯を沸かすための電気ケトルが人気を集めるようになってきましたが、電気ケトルを使う時の注意事項について考えてみましょう。
電気ケトルと同じようなものに電気ポットがあります。
その違いは保温機能の有無です。
電気ケトルには保温機能がないのです。
それは電気ケトルの使用方法として、沸かしたお湯を使いきることを考えているからです。
また、お湯が沸いたら自動的に電気が切れるようになっています。
沸かしたままほったらかしておくと、冷めてしまうから注意が必要ですね。
最近の電気ケトルには転倒時の事故防止機能があります。
誤って倒した時に熱いお湯がこぼれないようにした機能です。
また、お湯を注ぐ時にもボタンを押さないと出てこないようにしたものもあります。
しかし、このような機能を過信することは危険です。
特に小さな子供のいる家庭では、安全のために電気ケトルに子供を近づけないようにしておきましょう。
それから、水を入れずにスイッチを入れてしまうことがよくあります。
空焚きです。

最近の電気ケトルには空焚き防止機能が付くようになりました。
しかし、この機能も過信してはいけません。
機能が働いたとしても、内部が焦げてしまって使用不能になることも考えられるからです。
このように便利な電気ケトルですが、正しく使用しなければすぐに故障してしまいます。
特に内部は高温になりますから、火傷等の事故にも注意が必要となります。