電気ケトル

日本製の電気ケトル

外国ではコーヒーを飲む時にお湯を沸かしていますね。
日本ではポットを使っている家庭が多いかもしれません。
また、ホテルなどでよく見かける電気ケトルもありますね。
この電気ケトルは外国の習慣を取り入れたものです。
最近は必要なお湯をすぐに沸かす電気ケトルが人気を集めています。
外国製のものは沸かすだけの機能ですが、外側が熱くなることや倒れた時にお湯がこぼれてしまうようです。
安全性についてあまり考慮されていないのです。
日本製の電気ケトルでは、それらの点を改善したものとなっています。
倒れてもお湯がこぼれません。
また、外側は熱くならない構造になっているのです。
もちろん、湯気が出るところは熱くなっていますから、手をやけどすることも考えられます。
安全設計をされているとしても、注意しておくことが大事です。
外国製と日本製を比較した時に、一般的には日本製の方が細かい気配りがあります。
しかし電気ケトルのメーカーとしては象印、タイガーとティファールの3社が競い合っています。
ティファールはフランスのキッチン用品メーカーです。
日本でも十分通用する安全設計となっているのです。

また、デザインは洗練されており、若い女性に人気があるようです。
メーカーがどこであっても、基本的な機能を満足していれば、使用する時には問題ありません。
自分の好みで購入すればいいのです。
日本製の電気ケトルもティファールを意識しているのでしょうか?
かわいい女性好みのデザインが多いような気がします。
店頭でいろいろと見てみると面白いですね。

電気ケトルの電気代

家電製品を購入する時に注目したいのは電気代です。
多くの人がお湯を沸かす時に電気を使うかガスを使うかを迷っています。
現実問題としてはどちらが高いのでしょうか?
インターネットでその試算をしているサイトがあります。
それらを参考にしてみると、ほとんど変わらないということです。
あなたはお湯を沸かす道具として電気ケトルを使っていますか?
最近の電気ケトルは技術の進歩によって、かなり省エネとなっています。
これから一人暮らしをするのであれば、ガスよりも電気ケトルを考えてみませんか?
電気代として必要なのは1日当たり1.5円程度だそうです。
日常生活の中で問題になるような金額ではありませんね。
もちろん、使用する頻度や一度に沸かす量によって金額が異なります。
しかし、電気ケトルの使用用途として、一人暮らしの人がコーヒーを飲むためにコップ一杯分のお湯を沸かすと考えられています。
その程度ならば電気ケトルがいいのです。
電気ケトルはお湯が沸いてしまうと、自動的に電源を切ります。
無駄な消費がないのです。
もちろんそのままであれば冷えてしまうのですが、実用上は支障ないでしょう。

電気ポットなどが一日中熱いお湯を確保するために使われることを考えれば、用途を限定することが理にかなっているのです。
電気ケトルにはお湯が沸いたことを感知するセンサーが付いています。
ガスでお湯を沸かす時には換気扇を回したりする必要がありますから、必要なお金の総額では電気ケトルが有利になるようです。
あなたも電気ケトルで節電をしてみませんか?