電気ケトル

タイガー製の電気ケトル

タイガー製の電気ケトルの紹介です。電気ケトルの利点として、飲みたい時に素早く沸くことです。
タイガー製電気ケトルならカップ1杯が約70秒です。
忙しい朝に、この早さは重宝しますね。
もちろん、タイガー製だけが特別に早いわけではありません。
タイガー製の特徴としては内部がステンレス製になっていることです。
フッ素加工が施されていますから、汚れが付きにくく洗いやすくなっているのですね。
水の量がわかるようにメモリも付いています。
本当に必要な量だけを沸かすことができるのです。
ふたはワンタッチで取り外しができます。
お手入れが簡単になったのです。
電気ケトルはお湯を沸かすものですから、どうしてもカルキなどの汚れが付いてしまいます。
お手入れが簡単ならば毎日でも洗うことができますね。
それから、転倒流水防止構造ですから、倒れても安全です。
また、内部のステンレス容器と樹脂本体の2重構造になっていますから、外側が熱くなるのを防いでくれるのです。
もちろん、お湯が沸いたならば自動で電源が切れます。
電気ケトルの機能としては、メーカー間での大きな差はありません。

タイガーは洗いやすさに重点を置いたデザインとなっているのです。
素早く沸かすためにはそれなりの消費電力が必要となります。
沸かしてしまうまでのワット数に注意しましょう。
たこ足配線をしていると、コードが熱くなってしまうこともありますし、最悪はブレーカが飛んでしまいます。
デザインとしてはシンプルなものになっています。
女性でも男性でも使える感じですね。

電気ケトルの特徴

日常生活の中でお湯を使う機会はたくさんあります。
したがって、お湯を沸かす道具は大抵の家庭にあるのです。
最近人気を集めているのが電気ケトルです。
もちろん、昔からあったものですが、最近の機種は安全性も高められており、一般家庭での利用も増えてきているのです。
電気ケトルと言うとホテルに備え付けられているものを思いつく人も多いのではないでしょうか?
あれはお湯を沸かす時に外側が熱くなりますし、倒れるとお湯がこぼれてしまいます。
小さな子供などがいる家庭での使用は安全性に問題があると考えるべきでしょう。
そこで、最近売られている電気ケトルの外側は熱くなりません。
また、倒れてもお湯がこぼれないような工夫がしてあるのです。
電気で沸かす道具としては電気ポットが一般的でした。
しかし、省エネ意識の高まりにより、敬遠されるようになってきたのです。
使う時だけ電気を使ってお湯を沸かすと言うことです。
電気ポットは使わなくても、お湯を高温に保っているため、常に電気を使っているのです。
電気ケトルは短時間でお湯を沸かすために、最初はかなり電気を消費しています。
そして、お湯が沸くと電気を止める仕組みです。
そのままにしておけば、お湯は冷めていくのです。

お茶を飲んだり、インスタント食品にお湯を注いだりするのであれば、それで十分なのです。
最近の機種は小容量のものが多いようです。
一人暮らしやカップルでの使用を想定しているからでしょう。
毎朝のお湯沸しなら、それで間に合いますね。
あなたも電気ケトルを使ってみませんか?