ブルースリー

ブルースリーの映画の声は本物ではない?

香港映画に限った話ではありますが、香港映画では俳優さんと言う演技をする人とその声を演じる声優さんと言う様に担当割がされていたそうです。その要因の1つとしては騒音にある様で、中国は本当に人口が多いので街中は常に騒音が鳴り響いている状況でした。その為、撮影と声録りを同時に行うと言うのは非常に困難だったそうです。また香港は当時イギリス領でした。その時の傾向として映画で使われる音声は広東語ではなく北京語にしなければならなかったそうで、必然的に吹き替えをしなければならなかったのです。その為、香港映画の資本だけで作られていたブルースリー主演の映画もその例に漏れず、ブルースリーの声は入っていないそうです。ブルースリーの声が入っている主演映画は『燃えよドラゴン』だけになりますが、これは香港とハリウッドと共同資本で製作された為、声が入っているそうです。そう考えるととても貴重な映画と言う事になりますね。
でも香港資本の映画であってもブルースリーの声を聞く事が出来ると言うのです。それがあの「アチョー」と言う怪鳥音です。俳優と声優が分かれている世界ですから真偽の程は定かじゃありませんが、当時、録音現場にブルースリーが立ち会うと言った光景は結構有った様で、怪鳥音を入れていたとしても不思議はなかった様に感じます。また映画の効果音も担当していたと言う話も残されています。今はあの『燃えよドラゴン』でさえ一部音が欠けているところが有るらしく、そこが吹き替えられているみたいですので残念ですよね。出来れば本人の声を聞きたかったと、今の技術でなら可能だったかもしれないのにと悔やまれてなりません。

ブルースリーの拳

武術や格闘技をしている人は拳が凄い形になっている事が有ります。ブルースリーも同様でグリーン・ホーネット時代は凄かったそうです。これは拳ダコと言う物だそうです。この時に有るレポーターに拳ダコの事について質問された事が有るみたいですが、冗談混じりで答えていたそうです。実際はサンドバックを何千回も叩いて作った拳ダコなのだそうです。そしてこのレポートの後、ブルースリーの基に少女が寄ってきたのを茶目っ気ある対応で応対していたそうです。ブルースリーの人柄が分かるエピソードですよね。そんなブルースリーは体中を鍛えていたみたいですが拳も特に鍛えていたみたいです。そんな拳エピソードが有ります。ある撮影現場を訪れる際、飛行機で移動していたのですが結構飛行時間が長かったみたいなのです。乗っている間ブルースリーは肘掛けに拳を叩きつけてずっと拳を鍛えていたそうです。一緒に乗っていた人が暫くは我慢したそうですが、気になって眠れなくなっちゃったのでブルースリーに拳を肘掛けに叩きつけるのを止めてくれる様に
頼んだそうです。ブルースリーの基本的な行動として、自分が納得するまでは繰り返して行動すると言う特徴が有ったそうですので、拳を常に鍛えたいと言うブルースリーのちょっとした一面が見えたかもしれませんよね。ブルースリーは拳だけじゃなくて背中の筋肉も凄いです。妥協せずに鍛練したからこそあの肉体が出来上がったのですね。