ブルースリー

ブルースリーのトラックスーツ

ブルースリーの特徴の1つとして有るのが黄色のトラックスーツを着て格闘しているシーンだと思います。しかしカンフーと言うと本来は黒い上下の服や白黒の上下のカンフー服が主流だと思います。実際ブルースリーの映画ではカンフー服を着ていたり、上半身裸で下だけ履いていたりと言う姿が多かったと思います。ではあの黄色のトラックスーツは何故来ていたのでしょうか?トラックスーツを着ていたのは「死亡遊戯」と言う映画でした。有る人がブルースリーの正統哲学伝道者であるジョン・リトル氏に聞いてみたそうで、その話をちょっとまとめてみたいと思います。

 

「死亡遊戯」にはコンセプトが有ったそうです。生前、ブルースリーがこの映画で使う予定だったコンテが残っているそうで、それによると「あの雪原に1つの木が有る。その木の枝にはたくさんの雪が積もっていて、とうとう重さに耐えきれず枝ごと落ちてしまいます。その近くには若い柳の木が有り、折れた木と同じ様に枝にたくさんの雪が積もっています。しかし柳の木は柔軟性が有り、枝がしなります。雪の重さでしなった枝は折れることなく見事雪だけを落とすのである。」と言う物でした。ブルースリーはカンフー映画だからと言ってカンフー服で無ければならないと言う常識やしきたりに捉われず、何にでも対処出来る様にと言う意味合いを込めてトラックスーツにした。と言う事らしいのです。本人が言っていた訳ではないので真偽のほどは定かじゃありませんが、ブルースリーの確かな新年の元でトラックスーツを着る事にしたのは間違いなさそうです。

何故ブルースリーのトラックスーツは黄色なのでしょうか?

『死亡遊戯』でブルースリーが着ていた黄色地で黒の線が入っているトラックスーツはとてもインパクトがあり、ブルースリーと言ったらその姿を思い浮かべる人は多いと思います。では何故、トラックスーツは黄色だったのでしょうか?実はこの事に関して明確な意見と言うのは無いそうです。しかし様々な意見や憶測はたくさん有りますので、その意見を挙げてみたいと思います。

 

先ずは死亡遊戯が公開された当初から言われている説についてですが、映像の色合いに因る物だそうです。ブルースリー映画の映像では薄暗い感じが多く、映像だけ見てみると「黒」と言ったイメージになります。そこで主演のブルースリーを目立たせる意味合いとして黒に映える色を考えてみたら「黄色」だったと言う事らしいです。そして黄色いスーツの脇にある黒のライン、これはブルースリーの動きをよりインパクト有る様にシャープに見せる様に入れられたと言われています。この効果が映画ではきちんと出ている様で、映像の何処にブルースリーがいても黄色いスーツが目立つので分かりますし、遠くにいても黒の線が動くので身体の動きも把握しやすくなったのです。また、汗や流れた血もキレイに映り、映像効果を高めていた様です。

 

ブルースリーが着ていた黄色いトラックスーツは、その時代の時は奇抜だったのかもしれませんが、よく考えてみると見ている側の私達にも分かりやすい様にする為に着たのではないかと言う説が有力の様です。