ブルースリー

『燃えよドラゴン』について

日本で最初に大ヒットしたブルースリーの映画が『燃えよドラゴン』でした。公開当初はこんなに大ヒットするなんて予測していなかったと思います。目を引くポスターの中には、日本では見た事が無い様な武器を手に持って、上半身は裸の男、しかもその男の名前は聞いた事も無いんだからそう予測しても仕方有りませんよね。唯一見る材料になるとしたらハリウッド映画だと言う事だけだった様です。アクション映画が好きな人ならちょっと見てみようかなと言う感じ位で予測していた様です。また、タイトルに「ドラゴン」と付いていたので怪獣映画と勘違いしていた人も少なくなかったのではないでしょうか?

 

しかしそんな思いとは別に、この映画は大ヒットを記録し、日本にドラゴン旋風が巻き起こったのです。テレビを見るとブルースリーの真似をしている人もたくさん見ますし、ブルースリーが話題に上がる事もたくさん有りました。ヌンチャクもおもちゃがたくさん売り出され、振り回す人もたくさん出て来ました。この大ヒットにより空手やカンフーを習いたいと言う人も結構多かった様です。大ヒットするかどうか分からなかった当初は、チラシもブルースリーを主役としてだすのではなく、主人公が3人くらいいる感じのチラシになっていた様ですが、大ヒットを受けた後のリバイバルではもうブルースリーを全面に出してアピールしているチラシに変わっていたと言います。ブルースリー旋風を巻き起こすきっかけとなった映画、それが『燃えよドラゴン』なのです。

『燃えよドラゴン』はブルースリーが大スターになるきっかけとなった映画です。日本でのヒットぶりも相当な物だったと言われています。そのストーリーを簡単にご紹介してみます。

 

ブルースリーが演じるのは、少林寺拳法の達人として知られているリーと言う男です。リーの兄弟子であるハンが開催している武術試合が有るのですが、それは命懸けの物でした。その試合に国際情報機構からの要請で参加する事になりました。兄弟子であるとは言っても少林寺道場を破門された身分である兄弟子ハンは、麻薬と売春をしている組織のボスになっていて、武道の達人を自分の手下として働かせていました。リーが何故そんな要請を受けたかと言うと、情報収集をしたかったからです。

 

この武術試合にはハンの手下以外にも多くの外国からの達人達が参加していましたし、リーの仲間として情報員も何人か身柄を隠して参加していました。ハンの武術試合が行われるのは有る孤島で、そこの地下洞窟にはアヘン工場が有り、何も知らない外国人選手が散歩している合間を利用してリーが発見しました。アヘン工場にはたくさんの捕虜が監禁されていた事実も突き止めました。そこから誰が潜入したかと追うハン達は試合で何人も殺し、リーも敵を次々と試合で殺していきました。最終的にはハンとリーの一騎打ちになり、リーがハンを倒して終わりと言うストーリーとなっています。その一騎打ちのシーンは秘術を出し尽くしていて、見る者を魅了するシーンとなっています。

ブルースリーの明言

映画『燃えよドラゴン』で明言したブルースリーの言葉で有名なのが「Don't think feel」(意味:考えないで感じるんだ)と言う言葉です。聞いた事が有る人も多いのではないでしょうか?

 

人間はどうしても何かしら考えてしまいます。それは決して悪い事ではないと思います。考えるからこそ色んな知恵が身に付くし、答えも見つかるからです。但し、考える事と考え過ぎる事は意味が違います。得てして物事を考え過ぎてしまうと答えが出るどころか逆に不安に苛まれてしまい、堂々巡りになり、良い事にならないからです。ですから物事を考えなきゃならなくなった時には、考えても良いですが、ある程度の段階で開き直って感覚に頼ると言うのでも良いと思うのです。また、いくら考えても答えが出ないのであれば、きっとずっと答えは出ないと思います。考える事を止めてみると、ふとした時にハッと答えが見つかる場合が有ると思うのです。それが直感だと思います。

 

こうして説明している事も考えすぎなのかもしれませんよね。ブルースリー主演で『燃えよドラゴン』が大ヒットしたのも有って、「Don't think feel」(意味:考えないで感じるんだ)と言う言葉はだいぶ有名になったそうですが、他にもたくさん明言をブルースリーは残しているみたいなので、調べてみると面白いと思いますよ。どんな流れでこの言葉を発したのか、見た事ない方は一度『燃えよドラゴン』を見てみて確認してみてはいかがでしょうか?