ブルースリー

『ドラゴンへの道』について

『ドラゴンへの道』と言うブルースリー主演の映画は実に面白い映画だと思います。見所はなんと言っても出演者全員がスタントマンを使わずに自分の身体を使ってアクションを全てこなしているところです。アクションに感じる熱気と格闘技の天才的な魅力は見る人を魅了する事でしょう。この作品はブルースリー主演映画第4弾として公開された物になります。あまりにも急だった死を遂げた後に公開された映画です。また、役者としてだけじゃなく、制作側にも取り組んだ映画です。武道家として映画人としてブルースリーの全てを注ぎ込んだ集大成ではないでしょうか?

 

そんなドラゴンへの道のストーリーですが、ブルースリーがローマの中華街で働く為に香港へ来たところから話は始まります。中華街周辺には悪徳ボス集団が根付いていて、それをブルースリーの素晴らしい格闘技で倒してしまうと言う流れの映画です。悪徳ボス集団は色んな格闘技術を持った輩を集め、ブルースリーが働いているレストランを乗っ取ろうと計画します。ブルースリーはそれに対抗し、空手や棒を使った武術、この映画で初披露したダブル・ヌンチャク技、中国拳法を巧に使ってアクションを展開させていきます。ラストはコロシアム遺跡で敵と戦うと言うシーンだったそうです。この決闘シーンは多くの人の記憶に残るシーンになった様です。ブルースリーが急逝してから公開された作品だっただけに、見る人もそれなりの思いで見ていたかもしれませんね。

『ドラゴンへの道』のストーリー

『ドラゴンへの道』はブルースリーが主演した映画の1つです。そのストーリーを簡単にご紹介しましょう。

 

ブルースリーが演じるのは、中国人のタンロンと言う青年です。タンロンは初外国でイタリアに中華街のレストランで働く為にやってきました。英語もイタリア語も分からないタンロンは着いた早々から色んな失敗を繰り返していました。何故イタリアに来たかと言うと、中華レストランを開いているオーナーの美しい女性チェンはマネージャーを勤めている伯父の力不足により経営不信に陥った事で悩んでいました。その上店を乗っ取ろうとする悪徳白人グループの嫌がらせにも悩んでいました。その状況を何とかしてもらいたくタンロンを呼んだのです。しかし頼りない感じのタンロンにチェンは諦めさえも持っていました。そんな時、店に外国人グループが押し寄せてきて店を引き渡す様にせまってきたのです。店を守ろうと従業員一同戦ったのですが敗れてしまいました。そんな中現れたタンロンが小さい頃から学んできた中国拳法やダブル・ヌンチャク等を使って敵を全員たたきのめしたのです。しかし敵だって黙っていません。更なる強敵を用意して乗り込んだのです。チェンが誘拐されたり、戦いがあったり、裏切りがあったりと色々あり、最終的に敵のボスが用意したアメリカ人拳術家と遺跡コロシアムで白熱の戦いが始まったのです。そしてタンロンは勝ち、言い知れぬ悲しみを胸にローマを去っていく。と言う様なストーリーになっています。