ブルースリー

『ドラゴン怒りの鉄拳』について

『ドラゴン怒りの鉄拳』と言う映画はブルースリーの最高傑作の映画としても知られている作品です。日本では『燃えよドラゴン』と言う大ヒット映画、『ドラゴン危機一髪』に続く第三弾の映画となりました。ブルースリーが主演した映画としては第二作目の作品だそうです。完璧に鍛え抜かれたブルースリーの肉体がスクリーンいっぱいにアクションとして見せてくれる、まさにブルースリーならではの魅力がいっぱい詰まった映画となっています。内容はかなり波乱に満ちた内容になっている上に、ブルースリーならではの緊迫感溢れる空手アクションが全体の半分以上もあると言う事で大ヒットした『燃えよドラゴン』以上の出来であると言えるみたいです。

 

また、醍醐味の1つとしてヌンチャクも見応えたっぷりとなっています。2つの鉄の棒を鎖で繋いで使うシンプルな武器ですが、ブルースリーが使うと凄い早さでヌンチャクを扱い、相手の足や頭を叩き倒すと言う、殺人技として使われています。このヌンチャク使いは圧巻で見る人を魅了しました。日本でも驚異的なヌンチャクブームが起こった程だそうです。この映画ではヌンチャクだけではなく、拳法や空手、棒術と言った武術を見事なまでに見せてくれますが、最後ロシア人ボクサーとブルースリーが一対一で戦うシーンは15分にも及ぶシーンだった様で圧巻だった様です。ブルースリーならではの華麗なアクションシーンは見応え抜群です。是非一度見てみてはいかがでしょうか?

自身が主演した中で大ヒットでかつ最高傑作であるのが『ドラゴン怒りの鉄拳』です。今の世代では名前は知っていても内容まで知っている人は少ないんじゃないでしょうか?でもブルースリーを知らない世代でも名前は知っていて、アチョーと言う特徴を知っているのはやっぱり凄い人物だったと思います。そこでストーリーを簡単にご紹介してみましょう。

 

舞台は1900年頭の上海です。上海では当時日本国軍主義の思想が渦巻く動乱の時代でした。ブルースリーが演じるのは若手の空手、拳法の達人リー。リーは道場を乗っ取ろうとしている奴らと、今は亡き恩師の為に、恩師が作った道場を守ろうと対決していく事になります。しかし敵である日本武術一派は日本国軍主義の手先でも有ります。それを利用し、警察も仲間に加えてリーを追い詰めて行く様になります。追い詰められたリーは復讐を誓い、チャンスを色んな人に変身しながら伺っていました。そこには復讐と言う悲しい気持ちだけではなく、恩師の娘との恋模様も描かれていました。そしてついに敵との対決の日がやってきたのです。それはまさに死力を尽くした戦いになりました。リーは身体いっぱいに殺意をみなぎらせ、絶叫を響かせ、修羅場と言える戦いを全力で戦い抜きました。戦いは終わりを迎えたかに見えましたが、戦いに勝ったリーを待ち受けていたのは的に取り込まれた警察隊の一斉銃火でした。物凄い見せ場がたくさん有る作品に仕上がっていて、見ている人を魅了する迫力満点の映画となっています。

本格的にブルースリーを世界中に売り出そうとして製作されたのが「ドラゴン怒りの鉄拳」と言う映画になります。内容を見てみるとかなりブルースリーのアップシーンも多いですし、ブルースリーのアクションシーンも多いですので、全編通してかなり出番が多くなっていた様に感じます。その中でも凄かったのがアクションシーンです。まさに「可憐」と言う言葉が当てはまる様な感じで、ブルースリーを武道の達人として挙げていて、ブルースリー1人に対して大人数、1人と言う様な対決、武器を使ったり、素手で有ったりと色んなアクションシーンが繰り広げられています。

 

日本人からすると「ちょっと、これは日本人じゃ絶対ないでしょう」と言う様な日本人が的側に現れたりもしていました。でも日本人と言う設定なだけで外見はアジアと言う様な感じだったので、違和感なくブルースリーとのアクションが見られました。「燃えよドラゴン」の映画では武器としてヌンチャクが登場しましたが、その時よりは色んな技法を交えてヌンチャクも披露されています。ですから、この作品以降、ブルースリーと言えばヌンチャクと言う様な方程式が出来たのではないかと言う説も有ります。この時の映画のチラシを見ると結構ムチャクチャで、「空手映画」と良う言葉が使われていたり、「ドラゴン怒りの鉄拳」なのに「ドラゴン危機一発」の写真が使われて掲載されていたりとかなりメチャクチャな感じになっていた様です。