秋が旬の野菜と見極め方

秋が旬の野菜と見極め方

実りの秋には、おいしい秋の野菜がたくさん出回りますね。食物繊維やビタミン、アミノ酸などを豊富に含んだ秋野菜は、繊維質が多く、胃腸の調子を整えてくれます。代表的なものとしては、ごぼう、春菊、チンゲン菜、ブロッコリー、ニンジン、サトイモ、サツマイモなどがあります。

 

その見極め方は、以下の通りです。食物繊維が豊富に含まれているごぼうは、直径が10円玉くらいで、全体的に同じ太さのものがいいでしょう。春菊は、鮮やかな緑色でみずみずしく、張りのあるもの。葉の下から密生し、葉が大きいものが良品です。

 

チンゲン菜は、茎の下の方が、どっしりとふくらみ、葉が淡い緑色のものが良いです。ブロッコリーは、つぼみが大きく、濃い緑色をしていて、全体にこんもりとよくしまったものがオススメ。色がまだらだったり、黄色くなっているものは古いものなので避けます。

 

カロテンが多く含まれるニンジンは、オレンジ色が濃く、皮に凸凹がなく、つるんとしているものがいいでしょう。サトイモは、濃い茶褐色で表面のしま模様がはっきりしているものが新鮮です。

 

サツマイモは、紅の色が鮮やかで皮の色ツヤがよく、表皮に凹凸がないもの。ふっくら丸みがあるものがおいしいです。秋野菜は、食物繊維が豊富に含まれているものが多く、夏バテや暑さによる食欲不振などで疲れた身体を癒すことができます。積極的に摂りたい食材と言えますね。