サントリーの極の青汁

サントリーの極の青汁の特徴や口コミ

近年では、「まずくない青汁」が増えてきて、大変続けやすくなったと言われていますが、使用される原料も各社でそれぞれ研究開発されているようです。サントリーの極の青汁もその中の一つで、最近人気が高まりつつある青汁です。

 

サントリーの極の青汁の特徴と言えば、原材料に大麦若葉と明日葉を利用している点でしょう。どちらの原料も栄養価が高く、しかも、あまり飲みにくさを感じない植物です。また、さらに味を追求し、宇治産煎茶と抹茶をブレンドすることで、「飲める青汁」から「飲みたくなる青汁」へと進化させたことが最大の特徴といえるでしょう。

 

それに、栄養価の吸収をより高めるために、ケルセチンプラスを配合しているところも、味の追求だけでなく、青汁本来の目的である栄養価の追求にも力を注いでいるのが分かりますね。そんな商品の特徴を反映した口コミが、ますます人気を高めているようです。

 

やはり、青汁は「味」が購入の大きな決め手となることが多いですよね。また、口コミでは、その価格の手頃さも喜ばれているのが分かります。同社の別の青汁と比較しても、他社の青汁と比較しても、手頃な価格で試しやすいというのは、大きな魅力となっているみたいです。

 

そんなサントリーの極の青汁の味に対する感想は、「さわやか」「香ばしい」「苦味を感じない」「甘さがある」「風味が良い」「すっきりしている」などと表現されています。リピート率も高い青汁ですから、一度試してみる価値はありそうですね。