アンドロイド

アンドロイドアプリのメリットとデメリット

アンドロイドというOSにおいて、アプリケーションはある意味必須アイテムといえます。
全くアプリを導入せずに、携帯電話と同じ感覚でスマートフォンを利用することは可能ですが、それではアンドロイドの魅力も半減してしまいます。
その自由性の高さを最大限利用し、開発されている数々のアプリを導入することで、たとえば1年前に買ったスマートフォンであっても、最新機種と遜色ないような性能を発揮することができたりします。
そういう意味では、アプリは非常に大きな意味を持ちます。

 

アンドロイドで利用されることを前提としたアプリの場合は、その傾向がさらに強くなります。
というのも、アンドロイドの標準搭載機能をフォローする形のアプリが多いからです。
これは当然、開発する側も「アンドロイドにこんな機能が備わればさらに使いやすくなる」、「アンドロイドにはここが足りない」などという思考の元に開発していくことが主な要因となります。
つまり、汎用性の高いアプリケーションより、アンドロイド専門のアプリの方がかゆいところに手が届きやすいのです。

 

その一方で、専用アプリだからこその弊害もあります。
それは、特定のジャンルに偏りやすいという点です。
開発の頻度が非常に高く、そのスピードもどんどん増えていく状態において伸びていく分野は、得てして需要が高い分野です。
たとえば、ゲームやメール関連のツールなどは高い人気を集めており、これらに開発の方も集中していきます。
逆にいえば、流行の分野以外は開発する人が少なくなり、過疎化してしまうという恐れがあります。
特に個人が開発する場合、競争意識が高まる結果、流行に集中してしまう傾向が強くなるのです。

 

こういったデメリットもあるので、できれば個人開発アプリの利用とgoogle提供サービスの利用は、併行して行うようにした方が良いでしょう。
googleのサイトをのぞきつつ、「AndroidView」などを利用するという形が一番望ましいでしょう。

アンドロイドのブログ

インターネットではいろいろな情報を入手することができますが、アンドロイドの情報もインターネットのブログから入手しましょう。
アンドロイド用アプリはたくさんありますから、自分がほしいと思う機能を持ったアプリをやみくもに探していたらたいへんです。
アプリをジャンル別に分類してくれたり、お勧めのアプリを紹介してくれたりするサイトが多くなってきました。
パソコン用のアプリでも同じようなサイトがあります。
アンドロイド用のアプリはすでに数多く出回っていると言うことです。
アンドロイドがオープンソースであることもその一因と言えるでしょう。
携帯電話が情報端末としての機能を持つようになってきました。
アンドロイドは携帯電話の可能性を広げるものなのです。
私たちの生活が携帯電話で便利になっていくように、アンドロイドで情報化社会が便利になっていくはずです。
そのためには使い勝手の良いソフトが必要です。
たくさんのアプリの中から自分の好みに合わせてチョイスできる環境はとてもいいことなのです。
スマートフォンやアンドロイドはこれからどんどん進化していくでしょう。
そして、多くの人たちがアンドロイドを持つようになるのです。
あなたもアンドロイドのアプリを探してみませんか?
「andronavi」や「オクトバ」「アンドロイダー」「androidあぷぷ」[androApp]「androidアプリ検索」と言ったサイトがお勧めです。
どのサイトでも目的別にアプリを探すことができます。

これからスマートフォンを購入しようと考えているのであれば、アプリも探しておくといいでしょう。