アンドロイド

アンドロイド向けgoogleサービス

アンドロイドOSを搭載したスマートフォンは、googleの提供している数多くのサービスを利用できるというメリットがあります。
これらのサービスは、アプリケーションとはまた違った利便性を持っており、日常生活の中でスマートフォンを使用するにあたり、とても便利な機能が搭載されます。

 

このgoogleサービスはアンドロイドで利用することが前提となっているので、アンドロイドのスマートフォンならではのサービスとなっています。
よって、このサービスの存在そのものが大きなアドバンテージであり、メリットといえるのです。
スマートフォン選びの際には、どんなサービスをgoogleが提供しているかという点も判断材料となるでしょう。

 

アンドロイド向けgoogleサービスの中には、パソコンでも利用されているおなじみのサービスもたくさんあります。
よって、パソコンとスマートフォンを併用する人にとっては、既にパソコン上で何度も利用しているサービスをスマートフォンでも利用できるというメリットも生まれます。
普段使い慣れている機能をスマートフォン上でも利用できれば、操作の面で新たに覚えることが減る分、マスターしやすいという強みが生まれます。
特に、ある程度年配の方でスマートフォンを仕事で利用するという人の場合、新たなアプリケーションやサービスの使用方法を一から覚えることは、時間の面でも、記憶力の面でも厳しくなってきます。
そういう人には、特にありがたいサービスとなるでしょう。

アンドロイドのエクスぺリア

エクスペリアはソニーが開発したアンドロイドスマートフォンです。
アンドロイドはスマートフォンのプラットフォームとして注目を集めています。
そこにソニーも参入することになったのです。
ソニーのエクスペリアはPSPをベースとしています。
PSPで培ったアプリのノウハウを活かして、アンドロイド上に展開しているのです。
ウォークマンから始まったソニーの携帯端末はアンドロイドで完成の域に達したのかもしれません。
ソニーが製品化したものはどれもセンスがいいですね。
アンドロイド自体はどのメーカーのものでも同じなのですが、実際に手に持ちたくなるのはエクスペリアかも知れません。
エクスペリアにインストールされているアプリは3つあります。
MEDIASCAPEはミュージックやムービー、フォトなどのデータを一括管理するアプリケーションです。
インターフェースは斬新です。
画像を見ながらの直観的な操作がとてもスマートに見えるのです。
そして、TIMESCAPEはメールや電話の着信履歴を時系列に表示してくれます。
また、音楽やカメラの画像、SNSまでも時系列の中に並ぶのです。
わかりやすい管理方法と言えるでしょう。
これからのデータ管理方法として工夫されているのです。

そして、最後はPHOTO COMUNICATIONです。
写真から顔を認識して、アドレス帳と連携させます。
写真を中心として新しいコミュニケーションが広がるのです。
ソニーが考えるスマートフォンがエクスペリアなのです。
もちろん、ネットに接続することによって、ローカルとネットとの境目を感じることなしに、データの表示ができるようになるのです。