アンドロイド

乗換案内

旅行に出かけた場合や、お仕事の都合であまり行ったことのない都道府県に行くことになった場合、電車の乗換えで苦労するケースはかなり多いですね。
近年ではそういった悩みを解消すべく、様々なソフトが開発、販売されてきました。
有名どころでいえば「駅すぱあと」でしょう。
オンラインサービスも充実しており、現在でも多くの人が利用しています。

 

しかし、これらのサービスは基本的にパソコン向けに作られたものです。
そのため、事前に利用することはできますが、実際に現地に行ってから利用するケースはあまり多くないでしょう。
場合によっては現地で目的地を変更する可能性もあり、そういった場合には困ってしまいます。

 

そんな状況でも臨機応変に対応できるのが、googleのアンドロイド用アプリケーション「乗換案内」です。
乗換案内はスマートフォンのアプリなので、現地でも普通に利用できるというのが最大の強みです。
最近は電車の乗換え用のサービスはgoogleマップなどでも見ることができますが、やはりアプリとして入れておく方が便利です。
特にこの乗換案内は乗換え情報に特化しているので、無駄な操作は必要なく、最小限の情報だけを見ることですぐに次に乗るべき電車がわかります。

 

旅行などの際は、時間との勝負という面もあります。
ギリギリで駆け込むくらいのタイミングの際に、次に乗る電車がすぐにわからないと、とても焦りますね。
そういう時でも役立つのが、乗換案内の強みです。
アンドロイドのスマートフォンには、是非とも入れておきたいアプリです。

アンドロイドとau

携帯電話のメディアとしてはドコモ、au、ソフトバンクがあります。
どれでもアンドロイドが販売されています。
あなたのメディアがどれであっても希望すればアンドロイドを手にすることができるのです。
アンドロイドはスマートフォンの一つの形です。
auだけのものではありません。
しかし、メディア各社は自社のアンドロイドの特徴を強調しています。
もちろん、アンドロイド上で動作するアプリは同じものです。
アンドロイドはメディアを区別しないのです。
ネットワークに接続した状態で使用するオンラインアプリがたくさんあります。
携帯電話としての使用料金に注意しておくことが大事です。
他のメディアに差をつけるためにauが提供するサービスを紹介しましょう。
「HTC EVO WiMAX」です。
WiMAXは通信速度が今までの携帯より格段に早くなっています。
スマートフォンになってから、転送する情報量が増えてきているのです。
それに伴って通信速度が向上しなければ、ユーザーには使いにくいものになってしまうのです。
もちろん、これがauだけの機能とは言えませんが、市場にどれだけ早く投入することができるかと言うことが重要なのです。

携帯電話のメディアを変更する人はそれほど多くありません。
特別な理由が必要なのです。
サービス提供エリアは毎年確実に広がっています。
スマートフォンを誰でもが持っている時代になるのも時間の問題なのです。
私たちの生活はアンドロイドでどのように変わっていくのでしょうか?
楽しみであるのですが少し心配ですね。
携帯依存症みたいな人が増えるからです。