アンドロイド

世界天気時計

今や時間を知るために使う道具としては、腕時計よりはるかに高い需要を持つケータイ。
当然、スマートフォンも時計としての機能を有しており、多くのユーザーが時計代わりに使用しています。
ケータイやスマートフォンの場合、単に時刻を知るというだけではなく、天気予報なども見ることができるので、用途に応じて様々な使い方ができる点が魅力です。

 

とはいえ、時刻以外の情報はHOME画面の表示では最小限なので、より詳しい天気予報を知りたいような場合は、googleに接続して天気予報のサイトを閲覧するなど、少し操作する必要があります。
そのため、ちょっと面倒に感じる人も多いでしょう。
そんな時には、googleアンドロイド用アプリ「世界天気時計」が役立ちます。

 

世界天気時計は、世界各国、各地域のあらゆる場所における天気、気温、降水確率を表示させることができるアプリケーションです。
しかも、HOME画面にこれらの情報を表示させることができます。
そのため、パッと見ただけで現在住んでいる地域の気温までわかるのです。
さらには湿度の表示までできます。
また、ワンタッチ操作で4日後までの天気予報がわかります。
自分が住んでいる地域に設定しておけば、明日の天気はもちろん、数日後の天気までわかるので、たとえば3日後にちょっとした用事ができてその日の天気が気になるという場合、瞬時に確認することが可能となるのです。

 

加えて表示も通常サイズと小サイズのどちらかを選べるので、時刻や天気メインでアンドロイドのスマートフォンを見る場合は普通サイズを、邪魔にならない程度に表示したい場合は小サイズを選ぶと良いでしょう。

アンドロイドのソーシャルアプリ

ソーシャルアプリはスマートフォンでも当然のごとく提供されています。
アンドロイドでもたくさんのソーシャルアプリがあります。
基本的にはパソコンで使用できるものをアンドロイドに移植したアプリがほとんどです。
ソーシャルアプリとはどのようなものでしょうか?
SNSと呼ばれるユーザー同士のコミュニケーションを前提としたネットワークサービスです。
ユーザー同士のつながり、交友関係を基本機能として持っているものです。
個人的に使用するアプリではなく、ネットワーク上に展開されるアプリです。
したがって、ネット接続が前提となります。
そこには多くの情報が集まりますから、雪だるま式にアクセスが増加していくのです。
ソーシャルネットワークのアプリケーションとしてはmixiが有名です。
mixiはいち早くアンドロイド用アプリを提供しています。
パソコンやスマートフォンから同じmixiにアクセスすることができるのです。
携帯機器ですから、どこでもいつでもソーシャルネットワークに接続できるのです。
もちろん、mixiはアンドロイドだけのアプリではありません。
iphoneでも使うことができるのです。
私たちのコミュニティーの考え方が変わってくるのかもしれませんね。

人と人とのつながりよりもネットのつながりの方が密になっていくのです。
また、ソーシャルネットワーク上でゲームをするものもたくさんあります。
自分だけではなく、他のユーザーと仲間になって共通の目標を達成するのです。
アプリの新しい形態です。
アンドロイドはグーグルが提供しているものですから、グーグルのソーシャルサイトとして重要視していることは間違いありません。