アンドロイド

アンドロイドの特徴

今や、検索エンジンとして最も多く使用されているgoogle。
サービスも年々多様化し、多くの人が利用しています。
そんなgoogleが開発したスマートフォン用OSのアンドロイドは、そのノウハウを最大限発揮した、非常に多くの特徴を有したOSとなっています。

 

アンドロイドの最大の特徴は、自由度の高さです。
アンドロイド用に開発されたアプリケーション、標準ライブラリ、フレームワークなどのソースコードは、基本的に無償で公開されています。
さらにそれらを改変し、自由に改良を加えることもできます。
そのためアプリケーションの作成をはじめ、様々な開発が自由に行えます。
これは、従来のOSにおいては考えられないことです。
アンドロイドならではの自由度であり、最大の特徴といえるでしょう。

 

この特徴においては、google側、ユーザー側双方のメリットがはっきりしています。
ユーザー側にとっては、開発のためのコストがあまりかからない上に着想、着手がしやすく、個人であっても開発者として参入しやすい土壌ができています。
一方、google側としても、そういった開発者が多数生まれ、より良いアプリが生まれることで、アンドロイドの利用者が増えることが期待できます。

 

ある程度資金に余裕がある会社だからこそできる手法ですが、非常に有効な方法で、実際それが機能したからこそ、アンドロイドはトップシェアに上りつめたのでしょう。
今後も、アンドロイドのアプリケーションはたくさんの開発者によって充実したものとなることが予想されます。

アンドロイドアプリとビジネス

仕事の効率を上げるためのアイテムはいろいろあります。
携帯電話は誰でもが持っているものです。
ビジネスシーンで使用するケースは多いはずです。
最近はスマートフォンが注目されだしましたから、携帯電話の機能だけではなく、スマートフォンの利用価値も高まっているのです。
アンドロイドはスマートフォンの一つですが、将来的な拡張を考えれば一番有利なものと言えるでしょう。
そこで、ビジネスで使えるアンドロイドアプリを紹介しましょう。
仕事の効率が上がるはずです。
付箋紙アプリはパソコンでも定番となっているものです。
ちょっとしたメモや覚書に利用することができます。
フリーのソフトとして、tagletがあります。
それから、officeファイルを閲覧する機会も多いはずです。
報告書を読むだけのためにパソコンを持ち歩くのは非効率です。
ドキュメントビュワーがあれば便利です。
これも無料のアプリで「Documents To Go 3.0 Main App」があります。
また同じようなアプリで、「OfficeSuits Pro」があります。
日本では名刺の交換が多いですから、それをデータベースにするアプリとして「やさしく名刺ファイリングビューワーFREE」はどうでしょうか?

評価は高いようですよ。
予定表を作成している人も多いでしょうね。
そのような人には「毎日ToDo Free」があります。
カレンダーを見ながら予定を管理できるアプリです。
この他にもいろいろありますから、自分で好きなものを選ぶといいですね。
とにかく、アンドロイドには無料のソフトがたくさんあるのです。
パソコンではなくスマートフォンが社外では便利です。