アンドロイド

スマートフォンを使用する目的

1990年代から2000年代前半にかけては、あまり存在感のなかったスマートフォンですが、2000年代後半になると、「iPhone」の登場が起爆剤となり、ケータイに代わる新たなケータイとして、大きくシェアを伸ばしました。
そんなスマートフォンの躍進に各メーカーが力を入れないはずもなく、iPhoneの販売権を勝ち取ったソフトバンクに続けと、ドコモやauなどの各会社が新たなスマートフォンの開発、販売に着手したのです。
そのため、2000年代末期からは、各携帯会社によるスマートフォン戦争が始まりました。
当然、そうなってくるとスマートフォンの種類も増えてきます。
各社の競争により多様化した機種の中から、どうやってひとつの商品を選べば良いのでしょう。

 

スマートフォンを選ぶポイントは、主に3つあります。
ひとつは目的です。
スマートフォンは従来のケータイと比べ、非常に多くのことができるようになりました。
とはいえ、ケータイに求めるものは人それぞれであり、必ずしも多機能の機種を選ぶ必要はありません。
たとえば、ネット閲覧に使用する頻度が多い人の場合は、ネット環境の快適なスマートフォンを選ぶと良いでしょう。
一方、カメラとして使う頻度が多い人は、高解像度のスマートフォンがオススメです。

 

メールを頻繁に使う人は、文字入力が快適なスマートフォンが良いでしょう。
たとえばgoogleのアンドロイド携帯などは、その点にかなり力を入れています。
googleの提供するGmailのようなWebメールが利用できる点も強みです。
ケータイでは直接送受信するため、こういったフリーメールサービスを利用することはありませんでしたが、スマートフォンであれば、より安全で使いやすいメールサービスを利用できます。
それもスマートフォンの強みのひとつであり、アンドロイドを利用するメリットのひとつにもなります。

アンドロイドのマーケット

スマートフォンを持っている人が増えてきました。
スマートフォンにもいくつかの種類があり、その一つがアンドロイドです。
アンドロイドはグーグルが開発したものですが、オープンソースであるために誰でもがアプリを製作することができます。
世界中のソフト製作会社や個人がアプリを作っています。
それらを利用しやすいようにした仕組みがアンドロイドマーケットです。
アンドロイドマーケットにアプリを登録すれば、多くの人がそれを参照して、利用できるのです。
有料ソフトとして登録することもできます。
課金をアンドロイドマーケットがやってくれるのです。
個人的にアプリを製作して、登録すれば収益を上げることができると言うことです。
有料アプリを登録するときには登録料を支払う必要があります。
多くの人は有料よりも無料ソフトを好んで使用することでしょう。
スマートフォンの中でこのような仕組みを持つのはアンドロイドだけです。
他のメーカーは自社開発のソフトやハードの制限があるのです。
アンドロイドには多くの可能性が秘められています。
これから先の進展に期待できると言うことです。
私たちの生活は携帯電話の普及で大きく変わってきました。

そして、スマートフォンの登場でさらに便利になるのです。
現在のハードは電池の消耗が激しく、屋外での使用には制限が付きます。
しかし、それはハードの性能が上がることで解消されるはずです。
ハードが変わってもアンドロイドのインターフェースは変わりません。
もちろんアプリもそのまま使用できるのです。