アンドロイド

スマートフォンを学ぼう

スマートフォンのOSで最も人気のある「アンドロイド」を学ぶためには、まずスマートフォンについて学ぶ必要があります。
それは、Windowsを学ぶ上でパソコンの基礎知識をまず取得する必要があるというのと同じことです。
スマートフォンがどのようなもので、どういったことができるのかということをしっかりと学んだ上で、googleの開発した「アンドロイド」というOSの特性を知ることで、より理解がしやすくなります。

 

スマートフォンが誕生したのは、実は1990年代後半と、意外と早かったりします。
ただ、スマートフォンの定義はかなり曖昧で、元々はポケットベルやPDAの発展形というコンセプトで開発されていたので、ケータイ全盛の90年代後半〜00年代前半においては、その存在感はほとんど皆無でした。
日本におけるスマートフォンは、PDAの機能を中心とした構成で発展していき、独自のスタイルを築き上げていく一方で、やはりその知名度は低いままで推移していきます。

 

そんな中、転機が訪れたのは、Apple社が開発した「iPhone」の登場です。
ケータイであってケータイではない、といわれたiPhoneが発売されると同時に、世界中で一気にスマートフォンに対する関心が高まりました。
iPhoneはケータイをスマートフォンに発展させるというスタイルだったことから、ほとんどの人が「ケータイの次世代機種」という印象を持ち、それが注目を集める大きな要因となったようです。
日本でもiPhoneの注目度は高く、このブランドの登場からgoogleの参入などが行われ、一気にスマートフォンという言葉を目にする機会が増えました。

アンドロイドの魅力

スマートフォンのシステムソフトとしてグーグルが開発したのがアンドロイドです。
すべてのアプリはアンドロイド上で動作しています。
アンドロイドの魅力はどのようなことでしょうか?
スマートフォンとしてはアップルのiphoneがあります。
iphoneとアンドロイドは携帯電話の店頭で比較することができます。
現時点ではiphoneに軍配が上がるかもしれません。
しかし、アンドロイドの利点はハードを選ばないと言うことです。
また、機種変更などでハードを変えても、ユーザーインターフェースは変わりません。
それが一番の魅力かもしれませんね。
ハード的に非力なものであれば新しい機種に変更すればいいのです。
現在の携帯電話は機種変更によってユーザーインターフェースが変わっています。
使う方としては非常に迷惑なことなのです。
あなたもその経験はあるでしょう。
機種変更して使い方がわからなくて戸惑ってしまいますよね。
アンドロイドには常に新しいハードが待っています。
携帯電話のハードの進歩は目覚ましいものがあります。

携帯電話でも半年に一度ぐらいのペースでバージョンアップしているのです。
アンドロイド上で動作するアプリもたくさんあります。
進化の速度が速いと言うことがアンドロイドの一番の魅力かもしれません。
1年後、2年後のアンドロイドに期待したいものです。
iphoneなどはそのような進化を期待することはできません。
今はまだアンドロイドに魅力がなくても、これからはわかりませんね。
いつでも同じ連絡帳を使うことが当たり前になるのです。